Recent changes RSS feed

無名抄

第51話 非歌仙歌の難じたる事

校訂本文

非歌仙歌の難じたる事

歌は名に流れたる歌詠みならねど、理(ことわり)を先として、耳近き道なれはあやしの者の心にも、おのづから善悪は聞こゆるなり。

長守語りていはく、「述懐の歌どもあまた詠み侍りし中に、ざれごと歌に、

  火おこさぬ夏の炭櫃(すびつ)の心地して人もすさめずすさまじの身や

と詠めるを、十二になる女子の、これを聞きて、『冬の炭櫃こそ火の無きは今少しすさまじけれ。など、さは詠み給はぬぞ』と申し侍りしに、難ぜられて述ぶる方なく」など語りしこそ、をかしかりしか。

翻刻

非哥仙哥ノ難シタル事
歌はなになかれたる哥よみならねとことはりをさき/e44l
としてみみちかきみちなれはあやしの物の心にも
をのつから善悪はきこゆるなり長守語云述懐の
哥ともあまたよみ侍し中にされことうたに
  火おこさぬ夏のすひつの心ちして
  人もすさめすすさましの身や
とよめるを十二になる女子のこれを聞て冬の
すひつこそ火のなきは今すこしすさましけれ
なとさはよみ給はぬそと申侍しに難せられて
のふる方なくなとかたりしこそおかしかりしか/e45r
text/mumyosho/u_mumyosho051.txt · 最終更新: 2014/09/30 03:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa