Recent changes RSS feed

無名抄

第46話 依秀句心劣する事

校訂本文

依秀句心劣する事

円玄阿闍梨といひし人の歌に、

  夕暮に難波の浦を眺むれば霞に浮ぶ沖の釣舟

この歌は優(いう)なれど、主(ぬし)の心劣りせらるる歌なり。その故(ゆゑ)は、「霞に浮ぶ沖の釣舟」といへる、わりなきふしを思ひ寄りなんにとりては、いかが「夕暮に難波の浦を眺むれば」といふ上の句をば置かむ。まことに無念に見所もなき詞続(ことばつづ)きなりかし。

同じ浦なりとも、夕暮なりとも、めづらしきやうに思ふところありて続く方も侍りなん物を、さほど手づつにて、いかにして下の句をば思ひ寄りけるにかと思え侍るなり。

翻刻

依秀句心劣スル事
円玄阿闍梨といひし人の哥に
  ゆふくれになにはの浦をなかむれは
  霞にうかふおきのつりふね
この哥はいふなれとぬしの心をとりせらるる哥也
そのゆへはかすみにうかふおきのつりふねと
いへるわりなきふしをおもひよりなんにとりては
いかかゆふくれになにはの浦をなかむれはといふかみの
句をはをかむまことに無念に見所もなき/e39r
ことはつつき也かしをなし浦なりともゆふ
くれなりともめつらしきやうにおもふところあり
てつつくかたも侍なん物をさほと手つつにて
いかにして下の句をはおもひよりけるにかとおほ
え侍也/e39l
text/mumyosho/u_mumyosho046.txt · 最終更新: 2014/09/25 14:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa