Recent changes RSS feed

無名抄

第34話 基俊僻難する事

校訂本文

基俊僻難する事

俊恵いはく、「法性寺殿にて歌合ありけるに、俊頼・基俊、二人判者にて、名を隠して当座に判じけるに、俊頼歌に

  口惜しや雲井隠れに棲むたつも思ふ人には見えけるものを

これを基俊、鶴と心得て、『鶴(たづ)は沢にこそ棲め。雲井に棲むことやはある』と難じて、負になしてけり。されど、俊頼、その座には言葉も加へず。

そのとき殿下、『今宵の判の詞、おのおの書きて参らせよ』と仰せられけるときなん、俊頼朝臣、『これは鶴(たづ)にてはあらず。竜(たつ)なり。かの某(なにがし)とかが、『竜を見ん』と思へる心ざしの深かりけるにより、かれがために現はれて見えたりしことの侍るを詠めるなり』と書きたりける。基俊、弘才の人なれど、思ひわたりけるにや。すべては思ふ量りもなく、人のことを難ずる癖の侍りければ、ことにふれて失多くぞありける」。

翻刻

基俊僻難スル事
俊恵云法性寺殿にて哥合ありけるに俊頼/e30r
基俊ふたり判者にて名をかくして当座に
判しけるに俊頼哥に
  くちをしや雲井かくれにすむたつも
    おもふ人にはみえける物を
これを基俊鶴と心えてたつはさはにこそすめ雲
井にすむことやはあると難してまけになして
けりされと俊頼その座にはことはもくはへす其
時殿下こよひの判の詞をのをのかきてまいらせよ
とおほせられけるときなん俊頼朝臣これはた
つにてはあらす竜也かのなにかしとかかたつを/e30l
みんとおもへる心さしのふかかりけるによりかれか
ためにあらはれてみえたりしことの侍をよめる也
とかきたりける基俊弘才の人なれとおもひわたり
けるにやすへてはおもふはかりもなく人のことを難
するくせの侍けれはことにふれて失おほくそ
ありける/e31r
text/mumyosho/u_mumyosho034.txt · 最終更新: 2014/09/20 21:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa