Recent changes RSS feed

無名抄

第28話 俊頼歌を傀儡歌ふ事

校訂本文

俊頼歌をくぐつうたふ事

富家の入道殿に、俊頼朝臣候ひける日、かがみの傀儡(くぐつ)ども参りて歌つかうまつりけるに、神歌になりて、

  世の中はうき身に添へる影なれや思ひ捨つれど離れざりけり

この歌を歌ひ出でたりければ、俊頼、「至り候ひにけりな」とて居たりけるなん、いみじかりける。

永縁僧正、このことを伝へ聞きて、羨みて、琵琶法師どもを語らひて、さまざま物取らせなどして、わが詠みたる、「いつも初音の心地こそすれ」といふ歌を、ここかしこにて歌はせければ、時の人、「ありがたき数寄人(すきびと)」となん言ひける。

今の敦頼入道、またこれを羨ましくや思ひけん、物も取らせずして、盲(めくら)どもに「歌へ歌へ」と責め歌はせて、世の人に笑はれけりと。

翻刻

俊頼哥ヲククツウタフ事
ふけの入道殿に俊頼朝臣候ける日かかみの
くくつともまいりて哥つかうまつりけるにかみ哥になりて
  世中はうき身にそへるかけなれや
    おもひすつれとはなれさりけり
この哥をうたひいてたりけれは俊頼いたり候
にけりなとてゐたりけるなんいみしかりける永縁/e26r
僧正このことをつたえききてうらやみてひはほうし
ともをかたらひてさまさま物とらせなとして我よみ
たるいつもはつねの心ちこそすれといふ哥をここかしこ
にてうたはせけれはときの人ありかたきすき人と
なんいひける今のあつより入道又これをうらやまし
くやおもひけん物もとらせすしてめくらともにうた
へうたへとせめうたはせて世の人にわらはれけりと/e26l
text/mumyosho/u_mumyosho028.txt · 最終更新: 2014/09/16 14:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa