Recent changes RSS feed

無名抄

第17話 井手の山吹、并かはづ

校訂本文

井での山ぶき并かはづ

ある人語りていはく、「ことの縁ありて井手といふ所にまかりて、一宿つかまつりたること侍りき。所の有様、井手川の流れたる体、心も及び侍らず。かの井手の大臣の跡なれば理(ことわり)なれど、川に立ち並びたる石なども十余丁ばかり、さのみやは遠く立て置かれけん、石ごとに、ただなほざりの事とは見えず。わざと立てたるやうになん侍りし。そこに古老の者の侍りしを、語らひて、昔のことを尋ね侍しついでに、『井手の山吹とて名に流れたるを、いと見え侍らぬは、いづくにあるぞ』と尋ね侍りしかば、『さること侍り。かの井手の大臣の堂は一年(ひととせ)焼け侍りにき。その前におびただしく大きなる山吹、むらむら見え侍りき。その花の輪(りん)は小土器(こかわらけ)の大きさにて、幾重(いくへ)ともなく重なりてなん侍りし。それをさやうに申しおきて侍るにや。また、かの井手川の汀(みぎは)につきて隙(ひま)もなく侍りしかば、花の盛りには黄金の堤(つつみ)などを築(つ)き渡したらんやうにて、他所には優れてなん侍しかば、いづれを申しけるにか、今分きがたく侍り。ただし、下臈(げらふ)のいふかひなく侍ることは、かく名高き草とて所もおき侍らず、『田作るには草を刈り入れたるが、よく出で来る』と申して、何ともなくなん刈りて侍る1)。それにとりて井手のかはづと申すことこそ、様(やう)あることにて侍れ。世の人の思ひて侍るは、『ただ蛙(かへる)をば、かはづといふぞ』と思ひて侍るめり。それも違ひ侍らず。されど、かはづと申す蛙は他にいづくに侍らず。ただ、この井手川にのみ侍るなり。色黒きやうにて、いと大きにもあらず。世の常の蛙のやうにして、現(あら)はに踊り歩(あり)く事などもいと侍らず。常には水にのみ棲みて、夜更くるほどに、かれか鳴きたるは、いみじく心澄み、物あはれなる声にてなん侍る。春夏のころ、必ずおはして聞き給へ」と申し侍りしかど、その後、とかくまぎれて、いまだ尋ね侍らず」となん語り侍りし。

この事心にしみて、いみじく思え侍りしかど、かひなくて、三年(みとせ)にはなり侍りぬ。また、年長けては歩びかなはずして、思ひながら、いまだかの声を聞かず。かの登蓮が雨もよに急ぎ出でけんには、たとしへなくなん。

これを思ふに、今より末ざまの人は、たとひおのづからことの便りありて、かしこに行き臨みたりとも、心とどめて聞かんと思へる人も少なかるべし。人の数寄と情けとは、年月を添へて衰へゆく故なり。

翻刻

井テノ山フキ并カハツ
ある人かたりて云ことの縁ありて井てと云所にまかりて
一宿つかまつりたること侍き所のありさま井て河
のなかれたる体心もおよひ侍らすかの井ての大臣の
あとなれはことはりなれと河にたちならひたる石な
とも十余丁はかりさのみやはとをくたておかれけん/e19r
いしことにたたなをさりの事とはみえすわさとたて
たるやうになん侍しそこに古老のものの侍しをかた
らひてむかしのことをたつね侍しついてにゐてのやま
ふきとて名になかれたるをいとみえ侍ぬはいつくに
あるそとたつね侍しかはさること侍り彼井ての大臣の
堂はひととせやけ侍にきそのまへにおひたたしく
おほきなる山ふきむらむらみえ侍きその花のりんは
こかわらけのおほきさにていくへともなくかさなりて
なん侍しそれをさやうに申おきて侍にや又かの
井て河のみきわにつきてひまもなく侍しかは/e19l
花のさかりにはこかねのつつみなとをつきわたし
たらんやうにて他所にはすくれてなん侍しかはいつ
れを申けるにか今わきかたく侍りたたしけ
らうのいふかひなく侍ることはかく名たかき草と
て所もおき侍らす田つくるには草をかり入たるか
よくいてくると申てなにともなくなんかりて侍る
それにとりて井てのかはつと申ことこそやうある
ことにて侍れ世の人のおもひて侍はたたかへるをは
かはつといふそと思て侍めりそれもたかひ侍らす
されとかはつと申かへるはほかにいつくに侍らす
たたこの井て河にのみ侍なり色くろきやうに/e20r
ていとおほきにもあらす世のつねのかへるの
やうにしてあらはにおとりありく事なともいと
侍らすつねには水にのみすみて夜ふくるほとに
かれかなきたるはいみしく心すみ物あはれなるこゑ
にてなん侍春夏の比かならすおはしてきき給へと
申し侍しかと其後とかくまきれていまたたつね
侍らすとなんかたり侍しこの事心にしみていみし
くおほえ侍しかとかひなくてみとせにはなり
侍ぬ又としたけてはあゆひかなはすしておもひ
なからいまたかのこゑをきかすかの登蓮かあめも/e20l
よにいそきいてけんにはたとしへなくなんこれ
をおもふに今よりすゑさまの人はたとひおのつか
らことのたよりありてかしこにゆきのそみ
たりとも心ととめてきかんとおもへる人もすくな
かるへし人のすきとなさけとは年月をそへて
おとろへゆくゆへなり/e21r
1)
他本は「程に、今は跡もなくなむなりて侍る。」と続く
text/mumyosho/u_mumyosho017.txt · 最終更新: 2014/09/13 18:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa