Recent changes RSS feed

無名抄

第3話 隔海路論

校訂本文

隔海路論

ある所にて哥合し侍し時、「海路を隔つる恋」といふ題に(歌は忘れたり1))、筑紫なる人の恋ひしきよしを詠めりしに、かたへはこれを難ず。

「更なり。筑紫は海を隔てたれば、思ひ続くるにはあることなれど、徒歩(かち)より行く人のためには、門司の沖まで多くの山野を過ぎて、ただいささか海を渡るべければ、題の本意(ほい)もなく、すこぶる荒涼なる方もあり。たとへば、みちの国なる人を恋ふるよしを詠みては 、この歌一つにて、野を隔つる恋にも、山を隔つる題にも、もしは、里を隔て、河を隔てつるにも用ゐんとやする。題の歌は、「さも」と聞こゆるこそ良けれ。あまりざびろなり」と難ず。

或は云ふ。「歌はさのみこそ詠め。まさしく海をだに隔てては、必ず彼の磯なる人をこの海まで見渡すべきことかは。あまりの難なり」と争ひあへりしを、その座に先達あまた侍りしも、方々(かたがた)分かれて、大きなる論にてなん侍りし。

されど、心にくきほどの人多くは、「難をば、今少し言はれたり」とぞ定め侍りし。

翻刻

隔海路論
或所にて哥合し侍し時海路をへたつる恋といふ
題に(哥はわすれたり)つくしなる人のこひしきよしをよめ
りしにかたへはこれを難すさらなりつくしは
海をへたてたれはおもひつつくるにはあることなれと/e5l
かちよりゆく人のためにはもしのをきまておほく
の山野をすきてたたいささか海をわたるへけ
れは題のほいもなくすこふる広涼なる方もあり
たとへはみちの国なる人をこふるよしをよみては
この哥ひとつにて野をへたつる恋にも山をへたつ
る題にももしは里をへたて河をへたつるにも
もちゐんとやする題の哥はさもときこゆるこそ
よけれあまりさひろ也と難す或は云哥はさのみ
こそよめまさしく海をたにへたててはかならす
かのいそなる人をこのうみまてみわたすへきこ/e6r
とかはあまりの難なりとあらそひあへりしをその
座に先達あまた侍しもかたかたわかれておほきなる
論にてなん侍しされと心にくきほとの人おほくは
難をは今すこしいはれたりとそ定侍し/e6l
1)
この部分、割注になっている
text/mumyosho/u_mumyosho003.txt · 最終更新: 2014/09/13 18:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa