Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第14第34話(234) 檀卿沐猴

校訂本文

檀卿沐猴

漢の平御侯許伯1)が家に、丞相以下、時の人来たり賀しけるに、蓋寛饒一人来ざりけり。許伯、呼びにやりければ、初めて入り来たれり。

賓客、酒たけなは2)にして、興に乗りてけるほどに、長信の少府3)檀長卿、犬と猴(さる)との戦ひあへる真似をして舞ひけり。時に客、みな笑ひけり。

寛饒、一人喜ばずして、後におほやけ4)に奏していはく、「列卿5)の身をもちて、軽々しく沐猴の舞をなすこと、礼を失へるなり」と申しけり。世に聞こえにけり。

  いかばかりみづの心の酔(ゑ)ひにけむ波たちさはぐ猿沢の池

翻刻

檀卿沐猴  漢ノ平御侯許伯カ家ニ丞相以下時人/キタリ賀シケルニ蓋寛饒ヒトリコサ
リケリ許伯ヨヒニヤリケレハハシメテイリキタレリ賓客酒
タケ□ワニシテ興ニノリテケルホトニ長信少符檀長卿イヌ/d2-50r
トサルトノタタカヒアヘルマネヲシテマヒケリトキニ客ミナワラヒ
ケリ寛饒ヒトリヨロコハスシテノチニヲホヤケニ奏シテ云ク
烈卿ノミヲモチテカルカルシク沐猴ノ舞ヲナスコト礼ヲウシ
ナヘルナリト申ケリヨニキコヘニケリ
        イカハカリミツノココロノヱイニケム
        ナミタチサハクサルサハノイケ/d2-50l
1)
許広漢
2)
「たけなは」は底本「な」虫損。文脈により補う。
3)
「少府」は底本「少符」。典拠により訂正。
4)
宣帝
5)
底本「烈卿」。典拠により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-34.txt · 最終更新: 2018/04/03 17:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa