Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第14第27話(227) 彦倫鶴怨

校訂本文

彦倫鶴怨

斉の彦倫は汝南の人なり。はじめは鍾山にこもり居て、後には剡の令たり。孔稚珪、旅行の路にて、かの草堂を見て、思ひ出づることやありけむ、北山移の文1)を作れり。その言葉にいはく「蕙張空兮夜鶴怨、山人去兮暁猿驚」。

  山人の跡の庵に月更けてありあけの下に一声(ひとこゑ)の鶴(つる)

翻刻

彦(ケム)倫(リム)鶴(カク)怨(ヱン)  
斉ノ彦倫ハ汝南ノ人ナリハシメハ鍾山ニ/コモリヰテ後ニハ剡(ヱンノ)令タリ孔(コウ)稚(チ)珪(ケイ)
旅行ノ路ニテカノ草堂ヲミテ思ヒイツルコトヤアリケム
此山移ノ文ヲツクレリソノコトハニ云ク蕙張空(クシテ)兮夜ノ鶴怨ラミ山人去兮暁猿驚。
  山人ノアトノイヲリニ月フケテアリアケノシモニヒトコエノツル/d2-48r
1)
北山移文。底本「北」は「此」。誤写とみて訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-27.txt · 最終更新: 2018/03/28 17:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa