Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第13第20話(200) 文挙座満

校訂本文

文挙座満1)

魏の文挙2)、北海の相たりき。

三十八になりける年、違(たが)ふ所ありて、官を解きて、家に居て、勢(いきほ)ひを失ふといふとも、世人、才芸をめでて、かれこれ来(き)集まりて、酒を勧めて、日々に遊び暮らしけり。

「座上の客、つねに満ち、蹲の中に、酒空しからず。何を憂へとせむ」とぞ言ひける。

  さもあらばあれ春によそなる宿とても霞の酌(く)まぬ時しなければ

翻刻

文挙座満  魏ノ文挙北海ノ相タリキ卅八ニナリケル/トシタカフトコロアリテ官ヲ解テ家ニ
居テイキヲイヲウシナウト云トモ世人才藝ヲメテテカレコレキ
アツマリテ酒ヲススメテ日々ニアソヒクラシケリ座上ノ客恒ニ
満チ蹲ノ中ニ酒不ス空ラナニヲウレヘトセムトソイヒケル
    さもあらはあれはるによそなるやととても
    かすみのくまぬときしなけれは/d2-37l
1)
『蒙求』通常は「孔融座満」
2)
孔融。文挙は孔融の字。孔子二十世の孫。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka13-20.txt · 最終更新: 2018/03/11 15:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa