Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第13第5話(185) 楚元置醴

校訂本文

楚元置醴

楚元王劉交、書術を好みて、穆生を召して、賓とす。生酒をたしなまず。王、これがために、醴酒(れいしゆ)を置けり。

  たまだれの小瓶(こがめ)ならではわたつ海(うみ)の深き道をもいかが問ふべき

翻刻

楚(ソ)元(クエム)置(チ)醴(レイ)   楚元王劉(リウ)交(カウ)書(シヨ)術(シュツ)ヲコノミテ穆/生ヲメシテ賓トス生酒ヲタシナマス
                  王コレカタメニ醴(レイ)酒ヲヲケリ
  タマタレノコカメナラテハワタツウミノフカキミチヲモイカカトフヘキ/d2-33r
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka13-05.txt · 最終更新: 2018/03/04 13:51 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa