Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第12第10話(180) 戴逵破琴

校訂本文

戴逵破琴

晋の戴安道1)は譙国の人なり。常に心を澄ましつつ、琴を弾き文を学びて、静かに世を送りき。

時に、武陵王睎2)、琴曲をゆかしく思ひて、召しに遣はしけり。使(つかひ)に向ひて、琴を打ち割りていはく、「われ、王門の伶人にあたはず」と答へけり。

王、怒りて、戴安道が兄(このかみ)、述を召すに、進みて行きて、琴を弾きけり。

  一人なほ思ひ捨てけむことの緒のうけひく声もあればある世に

翻刻

戴逵(クイ)破琴  晋ノ戴安道ハ譙国ノ人ナリ/ツネニ心ヲスマシツツ琴ヲヒキ/d2-31r
文ヲマナヒテシツカニヨヲヲクリキ時ニ武陵王睎(キ)琴曲ヲユ
カシク思テメシニツカハシケリツカヒニムカヒテ琴ヲウチ
ワリテ云クワレ王門ノ伶人ニアタハストコタヘケリ王イカリテ
戴安道カコノカミ述ヲメスニススミテユキテ琴ヲヒキケリ
    ヒトリナヲ思ヒステケムコトノヲノ
    ウケヒクコヱモアレハアルヨニ/d2-31l
1)
戴逵
2)
司馬睎
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka12-10.txt · 最終更新: 2018/03/02 21:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa