Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第11第15話(165) 張華台坼

校訂本文

張華台坼

晋の張華、字(あざな)は茂先、范陽人なり。鷦鷯の賦を作りし人なり。後に司空たり。

張華が少子韙1)、仰(あふ)ぎて占ふに、中台の星、坼(さ)けたり2)。張華をすすめて、「司(つかさ)をのがれよ」といさめけり。張華がいはく、「天道は玄遠なり。すべからく徳を修して、こたふべし」と言ひて、驚かずして過ぎけり。

つひに害にあひて、はかなくなりにけり。

  影まがふ星は雲居(くもゐ)に名をとめて波に消ゆるは夜半(よは)のかがり火

翻刻

張華台(タイ)坼(タク)  晋張華アサナハ茂先范陽人也鷦鷯/ノ賦ヲツクリシ人也後ニ司空タリ
張華カ少子(シ)韙(ヰ)アフキテウラナフニ中台ノ星圻(サケ)タリ張
華ヲススメテツカサヲノカレヨトイサメケリ張華カ云ク天道ハ
玄遠ナリスヘカラク徳ヲ修シテコタフヘシト云テヲトロカス
シテスキケリツヒニ害ニアヒテハカナクナリニケリ
      カケマカウホシハクモヰニナヲトメテ
      ナミニキユルハヨハノカカリヒ/d2-24l
1)
張韙
2)
「坼」は底本「圻」。文意により訂正
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka11-15.txt · 最終更新: 2018/02/19 21:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa