Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第11第14話(164) 謝敷応星

校訂本文

謝敷応星

晋の謝敷、字(あざな)は慶緒といふ。

初月の小微星を犯せる天変あり。この星の一つの名は、処士星ともいへり。司天の占ふ所、「隠士のつつしみ」と奏せり。時に、戴安道、隠士として、しかも美才あり。世の人、これを惜しみ憂へけり。

しかはあれども、戴安道はつつがなくして、謝敷ぞ、殃(わざわひ)に当たりて、死ににけり。

その後、会稽の人士、呉の人をあざけりていはく、「呉中の高士は死を求むれども得ず」と言へりけり。

  こもり江の水草(みくさ)がくれに住む鳰(にほ)の終りもそらにしるくもやあらぬ

翻刻

謝敷応(ヰヨウ)星(セイ)  晋ノ謝敷アサナハ慶緒ト云初月/ノ小微星ヲヲカセル天変アリ
コノホシノヒトツノ名ハ処士星トモ云ヘリ司天ノウラナウ
所隠士ノツツシミト奏セリ時ニ戴安道隠士トシテシカモ
美才アリヨノ人コレヲヲシミウレヘケリシカハアレトモ戴安
道ハツツカナクシテ謝敷ソ殃ニアタリテシニニケリソノ/d2-24r
後会稽ノ人士呉ノ人ヲアサケリテ云ク呉中ノ高
士ハ死ヲモトムレトモエスト云ヘリケリ
        コモリエノミクサカクレニスムニホノ
        ヲハリモソラニシルモヤアラヌ/d2-24l
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka11-14.txt · 最終更新: 2018/02/18 23:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa