Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第11第10話(160) 史魚黜殯

校訂本文

史魚黜殯

衛の大夫史魚、病(やまひ)重くなりて、死なむとするに臨みて、子を呼びて云く、「霊公の蘧伯玉が賢なるをもすすめ給はず、弥子瑕か不肖なるをも退け給はざることを、生きていさめ申すをば聞き給はざりつ。われ死なば、階下に喪せよ」と言ひて、死ににけり。

霊公、おほきに聞き驚きて、「わが誤(あやま)てる所なり」とて、喪を正堂に移し、蘧伯玉をすすめて上卿として、弥子瑕を退けられにけり。

孔子、これを聞き給ひて、「いにしへ、君をいさめし者も、死ぬるまでは思はず。史魚、屍(かばね)をもていさめ申す、直なり」とぞ、讃め給ひける。

  露消えて苔の下までとにかくに道なき世をぞ思ひおきける

翻刻

史魚黜(ツイツ)殯(ヒム)  衛ノ大夫史魚ヤマヒヲモクナリ/テシナムトスルニノソミテ子ヲヨヒテ
云ク霊公ノ蘧(キヨ)伯玉カ賢ナルヲモススメ給ハス弥子瑕
カ不肖ナルヲモシリソケ給ハサル事ヲイキテイサメ申ヲハ/d2-21l
キキ給ハサリツワレシナハ階下ニ喪セヨト云テシニニケリ霊
公ヲホキニキキヲトロキテワカアヤマテル所ナリトテ喪ヲ正堂ニ
ウツシ蘧伯玉ヲススメテ上卿トシテ弥子瑕ヲシリソケ
ラレニケリ孔子コレヲキキ給テ古シヘキミヲイサメシモノモ
シヌルマテハヲモハス史魚カハネヲモテイサメ申直ナリトソ
ホメ給ヒケル
       ツユキヘテコケノシタマテトニカクニ
       ミチナキヨヲソ思ヒヲキケル/d2-22r
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka11-10.txt · 最終更新: 2018/02/14 23:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa