Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第11第7話(157) 王褒柏惨

校訂本文

王褒柏惨

晋の王褒、父におくれて、墓のほとりに庵(いほり)を結びて、泣く泣く明かし暮らしけり。涙、墓の上松柏にかかり、松柏これがために痛み、枯れたる色をなせり。常に詩を読みけり。

またいはく、褒、常に墓所に至り。栢のもとにひざまづきて泣く。涙、木にかかりて、木、これがために枯れたりと言へり。

惨字なし。おぼつかなし。1)

  庵(いほり)さす岡部(おかべ)のかへの下枝(しづえ)とて同じ歎きの露ぞこぼるる

翻刻

王褒栢惨(サム)  晋ノ王褒チチニヲクレテハカノホトリニ/イホリヲムスヒテナクナクアカシクラシ
ケリナミタハカノウヘ松栢ニカカリ松栢コレカタメニイタミカ
レタル色ヲナセリツネニ詩ヲヨミケリ又云ク褒ツネニ墓
所ニイタリ栢ノモトニヒサマツキテナクナミタ木ニカカリテ木
コレカタメニカレタリト云リ惨(サム)字ナシヲホツカナシ/d2-20l
     イヲリサスヲカヘノカヘノシツヘトテ
     ヲナシナケキノツユソコホルル/d2-21r
1)
注がまぎれたものか。なお、書陵部本は「またいはく」からここまで無し。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka11-07.txt · 最終更新: 2018/02/13 18:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa