Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第10第6話(136) 范冉生塵

校訂本文

范冉生塵 後漢代人莱蕪令

范冉1)といふ貧しき人のすみか、甑(こしき)の底2)には塵積るまで、柴折りくぶる営みを忘れ、釜の底の水には魚(いを)のすだくまで、朝餉(あさげ)の煙(けぶり)絶え果てにける。まことに心細くなむありける。

  かきつめぬ木の葉の塵は積もれども宿(やど)の煙(けぶり)は絶えはてにけり

翻刻

范冉(セム)生(セイ)塵 後漢代人莱蕪令/d2-13l
范冉ト云マツシキ人ノスミカコ(ヒ歟)シキノソテニハチリツモルマテ
シハヲリクフルイトナミヲワスレカマノソコノ水ニハイホノスタク
マテアサケノケフリタエハテニケルマコトニ心ホソクナムアリケル
  カキツメヌコノハノチリハツモレトモヤトノケフリハタエハテニケリ/d2-14r
1)
范丹とも。
2)
「底」は底本「そて」。書陵部本により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka10-06.txt · 最終更新: 2018/02/01 19:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa