Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第8第10話(120) 張湛白馬

校訂本文

張湛白馬

張湛、後漢、扶風の人なり。常に白馬に乗りければ、世の人、白馬先生とぞ名付けける。

おほやけ、心のかしこきことを聞き給ひて、司徒になされしかども、すなほならぬ世の政(まつりごと)をかたぶき従はず、朝堂に至りて、偽りて、したて尿(ゆばり)をしたり。

病の重きよしを述ぶ。つひにこもり居にけり。

  とりつなぐ人にはあれて故郷(ふるさと)の野原の草に駒は隠れぬ

翻刻

張湛白馬  〃〃後漢扶風人也ツネニ白馬ニノリ/ケレハヨノ人白馬先生トソナツケケル/d2-6r
ヲホヤケ心ノカシコキ事ヲキキ給ヒテ司徒ニナサレシカ
トモスナヲナラヌヨノマツリ事ヲカタフキシタカハス朝堂ニ
イタリテイツハリテシタテユハリヲシタリ病ノヲモキ
ヨシヲノフツヒニコモリヰニケリ
    トリツナク人ニハアレテフルサトノ
    ノハラノクサニコマハカクレヌ/d2-6l
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka08-10.txt · 最終更新: 2018/01/16 19:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa