Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第4第13話(68) 陰方祀竈 炭竃

校訂本文

陰方祀竈 炭竃

後漢の陰子方1)、孝養深かりし人なり。

年の暮れに、黄羊をもて、竃神を祀(まつ)りて、三代の孫に至る。

  今を知る世にすみがまのしるしとて行く末遠く絶えぬ煙(けぶり)を

翻刻

陰(イン)方(ハウ)祀(シ)竈(サウ) 炭竃
後漢ノ隠子孝養フカカリシ人ナリトシノクレニ黄羊ヲモテ
竃神(サウシン/カマノカミ)ヲマツリテ三代ノ孫ニイタル
  イマヲシルヨニスミカマノシルシトテユクスヱトヲクタヘヌケフリヲ/d1-33r
1)
「陰子方」は底本「隠子」。書陵部本(桂宮本)により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka04-13.txt · 最終更新: 2017/11/20 18:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa