Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第4第12話(67) 郅都蒼鷹 鷹狩

校訂本文

郅都蒼鷹 鷹狩

郅都、直諫にして、人に恐るる所なく、時の大臣をも、よこさまなることあれば、憚(はばか)る心もなく、言ひそしりけり。世人、目をそばめて、蒼鷹(あをきたか)と名付けけり。

郅都、鴈門の太守に移りて、匈奴(えびす)を従へけり。匈奴、木偶(ひとがた)を作りて、郅都と名付けて弓箭を取り、馬を馳せて射るに、時にのぞみて、「郅都ぞ」と思ふより1)心に迷ひて、わななきて、矢を放つことあたはず。

人にをちられたることかくなむありけり。

  はし鷹の影映るらし入り日さす2)交野の草に鳥騒ぐなり

翻刻

郅(シチ)都(ト)蒼鷹 鷹狩
郅都直諫ニシテ人ニヲソルル所ナク時ノ大臣ヲモヨコサマ
ナルコト有レハハハカル心モナク云(イヒ)ソシリケリ世人目(メヲ)ソハメテ
蒼(アヲキ)鷹トナツケケリ郅都鳫門ノ大守ニウツリテ匈(エヒス)奴ヲ
シタカヘケリ匈奴木偶(ヒトカタヲ)ツクリテ郅都トナツケテ弓(ユミ)箭(ヤヲ)/d1-32l
トリ馬ヲハセテイルニ時ニノソミテ郅都ソト思ヲヨリ心ニマヨヒ
テワナナキテヤヲハナツコトアタハス人ニヲチラレタルコトカク
ナムアリケリ
  ハシタカノカケウツルラシイリ□サスカタノノクサニトリサハクナリ/d1-33r
1)
「思ふより」は底本「思ヲヨリ」。諸本により訂正。
2)
底本「日」虫損。諸本により補入。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka04-12.txt · 最終更新: 2017/11/19 22:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa