Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第2第14話(34) 西施捧心 夕顔

校訂本文

西施捧心 夕顔

西施は見目(みめ)も形も、たぐひなかりし女なり。病(やまひ)に臥して、胸を押(おさ)へて、目をひそめければ、いよいよ心苦しく、いたはしきさまなりけり。

その里の醜き女ども、これをうらやみて、そら胸を病みて、目をひそめけり。西施が顔色こそ、いかなるにつけても、いみじく、あてなりけれ。醜き女ども、目をひそめける病姿(やまひすがた)、いとど恐しくぞ見えける。

  夕顔のたそがれ時のそら目にもたぐひにすべき花のなきかな

翻刻

西施捧心 夕顔
西施ハミメモカタチモタクヒナカリシ女ナリヤマヒニフシテムネヲ
ヲサヘテメヲヒソメケレハイヨイヨココロクルシクイタハシキサマ
ナリケリ其里ノミニクキ女トモコレヲウラヤミテソラムネヲ
ヤミテメヲヒソメケリ西施カ顔色コソイカナルニツケテモ/d1-19l
イミシクアテナリケレミニクキ女トモメヲヒソメケルヤマイ
スカタイトトヲソロシクソミヘケル
  ユフカホノタソカレトキノソラメニモタクヒニスヘキハナノナキカナ/d1-20r
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka02-14.txt · 最終更新: 2017/10/23 23:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa