Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第2第9話(29) 陸績懐橘 盧橘

校訂本文

陸績懐橘1) 盧橘

陸績2)、六歳にして袁術がもとに行きけり。橘を取り出だして、与へたりけるを、陸績、懐(ふところ)に取り入れて拝みけり3)

袁術、問ひければ、「母に与へむためなり」とぞ答へける。

  橘のまだうら若き梢(こずゑ)にも身にしむ風の色はありけり

翻刻

陸續懐橘 盧橘
陸續懐六歳ニシテ袁術カモトニユキケリ橘ヲトリイタシ/d1-18r
テアタヘタリケルヲ陸續フトコロニトリイレテ□□□□袁
術トイケレハ母ニアタエムタメナリトソコタエケル
  タチハナノマタウラワカキコスヘニモミニシム風ノイロハアリケリ/d1-18l
1)
「陸績」は底本・書陵部本二本すべて「陸続」。原典により改めた。以下同じ。
2)
「陸績」は底本「陸績懐」。懐を衍字とみて削除。
3)
底本「拝みけり」の四文字虫損。書陵部本(桂宮本)により補う。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka02-09.txt · 最終更新: 2017/10/22 15:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa