Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第2第5話(25) 漂母進食 郭公

校訂本文

漂母進食 郭公

韓信は淮陰の人なり。若き時、家貧しかりけり。

下邳といふ所に行きて、魚(いを)を釣りけるに1)、漂母来て、韓信を敬ひあはれみて、おのが家に入れて休め慰む。

食進むること日重なりにけり。韓信、これが情けを思ひ知りて、「重く報いむ」と言ふに、漂母がいはく、「われ、王孫をあはれむゆゑに、君がことを、おろそかならざるなり。報いむことをば望まず」と答へけり。

後に、韓信、楚王として、下邳に都として、漂母を召して、百金を賜ひけり。

  あはれとぞ思ひ知りぬるほととぎす語らひをきしいにしへの音(こゑ)

翻刻

漂母進食 郭公
韓信ハ淮陰人也若時家マツシカリケリ下邳(ヒ)ト云所ニ
行テイヲヲツクリケルニ漂母来テ韓信ヲウヤマヒアハレミテ
ヲノカ家ニ入テヤスメナクサム食ススムルコト日カサナリ/d1-17r
ニケリ韓信此カナサケヲ思シリテヲモクムクヰムト云ニ漂母カ
云ク我王孫ヲアハレム故ニ君カコトヲオロソカナラサルナリムク
イムコトヲハノソマストコタヘケリ後ニ韓信楚王トシテ下邳(ヒ)ニ
都トシテ漂母ヲメシテ百金ヲ給ヒケリ
  アハレトソヲモヒシリヌルホトトキスカタライヲキシ古ヘノ音ヘ/d1-17l
1)
「釣りけるに」は、底本「イヲヲツクリケルニ」で「庵(いお)を作りけるに」か。また、書陵部本(桂宮本)・書陵部本は「家をつくりけるに(作けるに)」となっている。しかし、ここではもとの故事に従い、「ク」を衍字とみて、「釣りけるに」に改めた。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka02-05.txt · 最終更新: 2017/10/20 14:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa