Recent changes RSS feed

古本説話集

第69話 信濃国筑摩の湯に、観音、人と為りて沐せしめ給ふ事

信濃国沈摩陽観音為人令沐給事

信濃国筑摩の湯に、観音、人と為りて沐せしめ給ふ事

校訂本文

今は昔、信濃の国に、筑摩の湯といふ所に、よろづの人の薬湯(くすりゆ)あり。

そのわたりなる人、夢に見るやう、「明日の午の時に、観音湯浴み給ふべし。かならず、人、結縁(けちえん)し奉るべし」と言ふ。「いかやうにてか、おはしまさんずる」と言ふ。答(いら)ふるやう、「年三十ばかりの男(をのこ)の髭黒きが、綾藺笠(あやいがさ)着たるが、節黒なる胡録(やなぐひ)、革巻きたる弓持ちて、紺の襖(あを)着たるが、夏毛の行縢(むかばき)、白足袋履きて、葦毛の馬のに乗りてなん来べき1)。それを観音と知り奉るべし」と言ふあひだに、夢覚めぬ。

驚きて、人々に告げ回し語る。人々、聞きつきて、その湯に集まること限りなし。湯を替へ、めぐりを掃除、注連(しめ)を引き、花・香を奉りて、ゐ並みて待ち奉る。

やうやう、未になるほどに、ただ、この夢に言ひつるに、つゆ違はず見ゆる男来ぬ。顔より始めて、夢に言ひつるに違はず。よろづの人、にはかに立ちて額(ぬか)をつく。この男、大きに驚きて、心も得ざりければ、よろづの人に問へども、ただ2)拝みに拝みて、「そのこと」と言ふ人なし。

まめなる僧の、手をすりて、額(ひたひ)に当てて、拝みゐたるがもとに寄りて、「こはいかなることぞ。己を見て、よく拝み給ふは」と、横訛りたる声して言ふ。この僧、人の夢に見えけるやうを語る。この男言ふやう、「己は先(さい)つころ、狩りをして、馬より落ちて、右の腕(かひな)をうち折りたれば、『それ茹でむ』とて、詣で来たるなり」と言ひて、と行きかく行きすれば、人々、しりに立ちて拝みののしる。

男しわびて、「我が身は、さは、観音にこそありけれ。ことは、法師になりなん」と思ひて、弓・胡録・太刀・刀を折りて法師になりぬ。かくなるを見て、よろづの人、泣きあはれがる。

不意に見知りたる人出で来て言ふやう、「あはれ、彼は上野(かむづけ)にいまする、わとうぬしにこそいましけれ」と言ふを聞きて、これが名をば「わとう観音」とぞ言ひける。

法師になりて後、横川に上りて、かてう僧都の弟子になりて、横川に住む。その後は土佐の国に往にけり。

翻刻

いまはむかししなのの国につくまのゆといふと
ころによろつの人のくすりゆありそのわた
りなる人ゆめにみるやうあすのむまの時に/b262 e134
観音ゆあみ給へしかならす人けちえんし
たてまつるへしといふいかやうにてかおはしまさ
んするといふいらふるやうとし三十はかりのを
のこのひけくろきかあやいかさきたるかふしくろ
なるやなくひかはまきたるゆみもちてこんのあ
をきたるかなつけのむかはきしろたひはき
てあしけのむまのにのりてなんくつきそれを
くわんをんとしりたてまつるへしといふあひ
たにゆめさめぬおとろきて人々につけまはしかたるひと
ひとききつきてそのゆにあつまることかきりなし/b263 e134
ゆをかへめくりをさうちしめをひき花かうを
たてまつりてゐなみてまちたてまつるやうやう
ひつしになるほとにたたこのゆめにいひ
つるにつゆたかはすみゆるをとこきぬかほよりは
しめてゆめにいひつるにたかはすよろつ
の人にはかにたちてぬかをつくこのおとこお
ほきにおとろきてこころもえさりけれはよろ
つの人にとへともたかをかみにをかみてその
ことといふ人なしまめなる僧のてをすり
てひたひにあててをかみゐたるかもとによりて/b264 e135
こはいかなることそおのれをみてよくをかみ給はと
よこなまりたるこゑしていふこの僧人のゆ
めにみえけるやうをかたるこのおとこいふやうをのれ
はさいつころかりをしてむまよりおちてみき
のかひなをうちをりたれはそれゆてむとてまう
てきたる也といひてといきかくいきすれは人々
しりにたちてをかみののしるおとこしわひて
わか身はさは観音にこそありけれことは法師
になりなんと思ひてゆみやなくひたちかたなををり
てほうしになりぬかくなるをみてよろつの人/b265 e135
なきあはれかるふいにみしりたる人いてきて
いふやうあはれかれはかむつけにいまするわとうぬしに
こそいましけれといふをききてこれかなをはわ
とうくわんをんとそいひける法師になりて
のちよかはにのほりてかてう僧都の弟子に
なりてよかはにすむそののちはとさのくににい
にけり/b266 e136
1)
底本「くつき」
2)
底本「たか」
text/kohon/kohon069.txt · 最終更新: 2014/09/21 16:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa