Recent changes RSS feed

古本説話集

第57話 清水寺二千度詣の者、双六に打入る事

清水寺二千度詣者打入双六事

清水寺二千度詣の者、双六に打入る事

校訂本文

今は昔、この四五年ばかりのほどのことなるべし。人のもとに、宮仕へしてある生侍(なまさぶらひ)ありけり。することの無きままに、清水に人真似して、千度詣で二たびぞしたりける。

其の後いくばくもなくて、主(しう)のもとにありける、同じやうなる侍と双六(すぐろく)をうち合ひにけり。多く負けて、渡すべき物無かりけるを、いたく責めければ、思ひわびて、「我が持たる物なし。ただ今貯へたる物とては、清水二千度参りたることのみなんある。それを渡さん」と言ひければ、傍(かたはら)にて聞く人々は、「うち謀るなり」と烏滸に思ひて笑ひけるを、この打ち敵(かたき)の侍、「いとよきことなり。渡さば得ん」と言ひければ、この負け侍、「さは、渡す」とほほ笑みて言ひければ、「いな、かくては受け取らじ。三日して、このよし申して、おのれに渡すよしの文(ふみ)書きて渡さばこそ、受け取らめ」と言ひければ、「よきことなり」と契りて、その日より精進(さうじ)して三日といひける日、「さは、いざ清水へ」と言ひければ、この負け侍、「烏滸の痴者(しれもの)に会ひたり」と思ひて、喜びて参りにけり。

言ひけるままに文書きて、御前にて師の僧呼びて、事のよし申させて、「二千度参りつること、それがしに双六に打ち入れつ」と書きて取らせたりければ、受け取り、喜びて、伏し拝みてまかり出でにけり。

其の後、いくほどもなくして、この打ち入れたる侍、思ひかけぬことにて捕へられて、獄(ひとや)に往(ゐ)にけり。打ち取りたる侍は、思ひかけぬたよりある妻(め)まうけて、いとよく徳付きて、司(つかさ)などなりて、楽しくてぞ有りける。

「目に見えぬ物なれども、まことの心を出だして受け取りたりければ、仏、あはれとおぼしめしたりけるなめり」とぞ、人言ふなる。このある人のことなり。

翻刻

いまはむかしこの四五年はかりのほとのこと/b177 e91
なるへしひとのもとにみやつかへしてあるな
まさふらひありけりすることのなきまま
にきよみつにひとまねして千度まうて二
たひそしたりける其後いくはくもなくて
しうのもとにありけるをなしやうなるさふら
ひとすくろくをうちあひにけりおほくまけて
わたすへき物なかりけるをいたくせめけれ
は思ひわひてわかもたる物なしたたいまた
くはへたる物とてはきよみつ二千とまいり
たることのみなんあるそれをわたさんと/b178 e92
いひけれはかたはらにてきく人々はうちはか
るなりとおこに思ひてわらひけるをこのうち
かたきのさふらひいとよきこと也わたさは
えんといひけれはこのまけさふらひさはわた
すとほほゑみていひけれはいなかくてはうけとら
し三日してこのよし申てをのれにわた
すよしのふみかきてわたさはこそうけとら
めといひけれはよきことなりとちきりて
その日よりさうしして三日といひける日さは
いさきよみつへといひけれはこのまけさふらひ/b179 e92
おこのしれものにあひたりと思ひてよろこ
ひてまいりにけりいひけるままにふみかきて
御まへにてしの僧よひてことのよし申さ
せて二千とまいりつることそれかしにすく
ろくにうちいれつとかきてとらせたりけれ
はうけとりよろこひてふしをかみてまかり
いてにけりそののちいくほともなくしてこ
のうちいれたるさふらひ思ひかけぬことにて
とらへられてひとやにゐにけりうちとりた
るさふらひは思かけぬたよりあるめまうけ/b180 e93
ていとよくとくつきてつかさなとなりてた
のしくてそ有けるめにみえぬものなれとも
まことの心をいたしてうけとりたりけれは
ほとけあはれとおほしめしたりけるなめり
とそ人いふなるこのあるひとのこと也/b181 e93
text/kohon/kohon057.txt · 最終更新: 2014/09/21 13:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa