Recent changes RSS feed

古本説話集

第48話 貧しき女、観音の加護を蒙る事

貧女蒙観音加護事

貧しき女、観音の加護を蒙る事

校訂本文

今は昔、身いと悪(わろ)くて過ごす女ありけり。時々来る男、来たりけるに、雨に降りこめられてゐたるに、「いかにして物を食はせん」と思ひ嘆けど、すべきかたもなし。日も暮れ方になりぬ。いとほしく、いみじくて、「我頼み奉りたる観音(くわんをん)助け給へ」と思ふほどに、我親のありし世に使はれし女従者、いときよげなる食い物を持て来たり。

うれしくて、よろこびに取らすべきもののなかりければ、小さやかなる赤き小袴を持ちたりけるを取らせてけり。我も食ひ、人にもよくよく食はせて寝にけり。

暁に男は出でて往ぬ。つとめて、持仏堂にて観音持ち奉りたりけるを、「見奉らん」とて、丁立て、据ゑ参らせたりけるを帷子引き上げて見参らす。この女に取らせし小袴、仏の御肩にうち掛けておはしますに、いとあさまし。昨日取らせし袴なり。

あはれに、あさましく、おぼえなくて持て来たりし物は、この仏の御仕業なりけり。

翻刻

いまはむかし身いとわろくてすこす女あり
けりときときくるおとこきたりけるにあめに
ふりこめられてゐたるにいかにして物をく
はせんと思なけけとすへきかたもなしひもく
れかたになりぬいとをしくいみしくてわか
たのみたてまつりたるくわんをんたすけ
給へと思ふほとにわかをやのありしよにつか/b134 e68
はれしをんなすさいときよけなるくい物をも
てきたりうれしくてよろこひにとらす
へきもののなかりけれはちいさやかなるあか
きこはかまをもちたりけるをとらせてけり
我もくひ人にもよくよくくはせてねにけり
あかつきにおとこはいてていぬつとめてち仏
たうにてくわんをんもちたてまつりたり
けるをみたてまつらんとて丁たてすゑ
まいらせたりけるをかたひらひきあけて
みまいらすこの女にとらせしこはかま仏の/b135 e68
御かたにうちかけておはしますにいとあさ
まし昨日とらせしはかま也あはれにあさま
しくおほえなくてもてきたりし物はこの
ほとけの御しわさなりけり。/b136 e69
text/kohon/kohon048.txt · 最終更新: 2014/09/17 00:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa