Recent changes RSS feed

古本説話集

第45話 阿倍仲麻呂の事

安倍中麿事

阿倍仲麻呂の事

校訂本文

今は昔、阿倍仲麻呂が唐土(もろこし)に使ひにて渡りけるに、この国の、はかなきことにつけて、思ひ出でられて、恋ひしく悲しく思ゆるに、月のえもいはず明きに、この国の方を眺めて、思ひすまして詠める。

  天の原ふりさけ見れは春日なる三笠の山に出でし月かも

となむ、詠みて泣きける。

翻刻

いまはむかしあへのなかまろかもろこし
につかひにてわたりけるにこのくにのはかなき
ことにつけて思いてられてこひしくかなし
くおほゆるに月のえもいはすあかきに
この国のかたをなかめて思ひすましてよめる
  あまのはらふりさけみれはかすかなる
  みかさの山にいてし月かも
となむよみてなきける/b120 e61
text/kohon/kohon045.txt · 最終更新: 2016/01/28 15:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa