Recent changes RSS feed

古本説話集

第44話 大隅守の事

大隅守事

大隅守の事

校訂本文

今は昔、大隅の守の、国の政(まつりごと)したため1)行ふあひだに、郡(こほり)の司(つかさ)のしどけなきことどもありければ、「召しに遣りて戒めむ」と言ひて、人遣りつ。

先々、かくしどけなき事ある折は、罪にまかせて重く軽く戒むることあり。それ一度(ひとたび)にあらず。度々重なりたることなれば、「これも戒めむ」とて、召すなりけり。

さて、「ここに召して候ふ」と申しければ、先々するやうに、そへ伏せて、尻頭(しりかしら)にのほるべき人、笞(しもと)を切りまうけて、打つべき人などまうけてあるに、人、二人して引き張りて、率て来たるを見れば、頭(かしら)は黒き髪もまじらず、いみじう白う見るに、打たせむ事のいとほしうおぼしければ、「何事に事をつけてこれを許さむ」と思ふに、事つくべき事もなし。過ちどもを片端より問ふに、ただ老いをのみかうけにていらへをり。

「いかにして、これ許してむ」と思ひて、「おれはいみじき盗人かな。さはありとも歌は詠みてむや」と言ふに、「はかばかしうはあらずとも、つかまつりてむ」と言ふ。「いで、さは詠め」と言へば、ほどもなく、わななかかしてうち出だす。

  年を経て頭に雪は積れどもしもと見るにぞ身は冷えにける

と詠みたりければ、守、いみじう感じ、あはれがりて、許してやりてけり。

翻刻

いまはむかし大すみのかみのくにのまつり
ことしたたをこなふあひたにこほりのつか
さのしとけなきことともありけれはめしに
やりていましめむといひて人やりつさきさき
かくしとけなき事あるをりはつみ
にまかせておもくかろくいましむることあり
それひとたひにあらすたひたひかさなりたる
ことなれはこれもいましめむとて/b117 e59
めすなりけりさてここにめして候と申
けれはさきさきするやうにそへふせてしり
かしらにのほるへき人しもとをきりまう
けてうつへき人なとまうけてあるに人ふた
りしてひきはりていてきたるをみれはか
しらはくろきかみもましらすいみしう
しろうみるにうたせむ事のいとをしうおほ
しけれはなにことに事をつけてこれをゆる
さむとおもふにことつくへき事もなし
あやまちともをかたはしよりとふにたた/b118 e60
おいをのみかうけにていらへをりいかにして
これゆるしてむと思ひてをれはいみしき
ぬす人かなさはありとも哥はよみてむやと
いふにはかはかしうはあらすともつかまつりて
むといふいてさはよめといへはほともなく
わななかかしてうちいたす
  としをへてかしらにゆきはつもれとも
  しもとみるにそ身はひえにける
とよみたりけれはかみいみしうかむし
あはれかりてゆるしてやりてけり/b119 e60
1)
底本「め」脱字
text/kohon/kohon044.txt · 最終更新: 2014/09/16 01:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa