Recent changes RSS feed

古本説話集

第40話 高忠の侍の事

高忠侍事

高忠の侍の事

校訂本文

今は昔、高忠(たかただ)といひける越前の守の時に、いみじく不合(ふがう)なりける侍の、夜昼まめなるが、冬なれど、帷子(かたびら)一つをなむ着たりける。

雪のいみじく降る日、この侍の「清めす」とて、物の憑きたるやうに震うを身て、守、「歌詠め。をかしう降る雪かな」と言へば、この侍、「何を題にてつかまつるべきぞ」と申せば、「裸なるよしを言ひて詠め」と言ふに、ほどもなく震う声ささげて詠み上ぐ。

  裸なる我が身にかかる白雪はうちふるへども消えせざりけり

と詠みければ、守、いみじく褒めて、着たりける衣(きぬ)を脱ぎて取らす。北方もあはれがりて、薄色の衣のいみしう香ばしきを取らせたりければ、二つながら取りて、かいわぐみて、脇に挟みて立ち去りぬ。侍に行きれば、居なみたる侍ども、かくと聞きてあさましがりけり。

さて、この侍に、三日見えざりければ、あやしがり、守、尋ねさせければ、その北山に貴き山寺に、いみじき聖ありけり。それがもとに行きて、この得たる衣を二つながら取らせて言ひけるやう、「年まかり老ひぬ。身の不合、年を追いてまさる。この生の事は、やくもなき身に候ふめり。後生だにいかでとおぼえて、法師にまかりならむと思ひ侍れども、戒(かひ)の師にたてまつるへき物の候はねば、今にえまかりならぬに、かく思ひかけぬ物を給ひたれば、限りなくうれしう思ふ給へて、これを布施に参らするなり。とく法師になさせ給へ」と涙にむせかへりて泣く泣く言ひければ、法師、いみじう貴とがりて、法師になしてけり。

さて後、行く方もなくて失せにけれど、有所知らずなりにけり。

翻刻

いまはむかしたかたたといひけるゑちせむ/b110 e56
のかみのときにいみしくふかうなりけるさふ
らひのよるひるまめなるかふゆなれとかたひら
一をなむきたりけるゆきのいみしくふる日
このさふらひのきよめすとてもののつきたる
やうにふるうをみてかみ哥よめをかしう
ふるゆきかなといへはこのさふらひなにを
題にてつかまつるへきそと申せははたかなる
よしをいひてよめといふにほともなくふる
うこゑささけてよみあく
  はたかなるわかみにかかるしらゆきは/b111 e56
  うちふるへともきえせさりけり
とよみけれはかみいみしくほめてきたり
けるきぬをぬきてとらす北方もあはれかり
てうすいろのきぬのいみしうかうはしきをとら
せたりけれは二なからとりてかいわくみてわき
にはさみてたちさりぬさふらひにゆきた
れはゐなみたるさふらひともかくとききて
あさましかりけりさてこのさふらひに三日
みえさりけれはあやしかりかみたつねさせ/b112 e57
けれはそのきたやまにたうとき山てらにいみ
しきひしりありけりそれかもとにゆきて
このえたるきぬをふたつなからとらせていひける
様としまかりおひぬ身のふかうとしををいて
まさるこの生の事はやくもなき身に候めり
後生たにいかてとおほえて法師にまかりならむ
と思ひ侍ともかひのしにたてまつるへき物ゝ候
はねはいまにえまかりならぬにかく思かけぬ物
を給たれはかきりなくうれしうおもふたまへ
てこれをふせにまいらする也とく法師になさせ/b113 e57
給へとなみたにむせかへりてなくなくいひけれは
ほうしいみしうたうとかりて法師にな
してけりさてのちゆくかたもなくてうせ
にけれと有ところもしらすなりにけり/b114 e58
text/kohon/kohon040.txt · 最終更新: 2014/09/16 01:51 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa