Recent changes RSS feed

古本説話集

第39話 道信中将、花山院の女御に歌を献ずる事

道信中将献花山院女御哥事

道信中将、花山院の女御に歌を献ずる事

校訂本文

今は昔、式部卿宮1)の姫宮2)、花山院3)の女御にておはしける。院、出家(すけ)せさせ給て後、小野宮の実資殿4)の北方にならせ給ひたりし、いとあやしかりしことぞかし。道信の中将5)も希望(けまう)したてまつり給ひけるに、それはさもなくて、小野の宮殿参り給ひにければ、中将の申し給ひしぞかし。

  うれしきはいかばかりかは思ふらん憂きは身にしむ心地こそすれ

人の口に乗れる歌にて侍るは。

為平の式部卿宮とて、村上の御門6)のいみじきおぼえにて、もてかしづかれ給ひし宮の御女(むすめ)の、かかる色好みにならせ給へる御ふるまひ、いといと口惜しく。

翻刻

いまはむかし式部卿宮のひめ宮花山院の
女御にてをはしける院すけせさせ給て後
小野宮のさねすけとのの北方にならせ給たり
しいとあやしかりしことそかしみちのふ
の中将もけまうしたてまつり給けるにそれは/b109 e55
さもなくてをのの宮殿まいり給にけれは中将
の申給しそかし
  うれしきはいかはかりかはおもふらん
  うきは身にしむ心ちこそすれ
人のくちにのれる哥にて侍るはためひらの
式部卿宮とてむらかみの御かとのいみしきおほえ
にてもてかしつかれ給し宮の御むすめの
かかるいろこのみにならせ給へる御ふるまひいといと
くちをしく/b110 e56
1)
為平親王
2)
婉子女王
3)
花山天皇
4)
藤原実資
5)
藤原道信
6)
村上天皇
text/kohon/kohon039.txt · 最終更新: 2016/01/22 16:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa