Recent changes RSS feed

古本説話集

第38話 樵夫、隠題を詠む事

樵夫詠隠題事

樵夫、隠題を詠む事

校訂本文

今は昔、隠し題をいみじく興ぜさせ給ひける御門の、「篳篥(ひちりき)」を人、わろく詠みたりけるに、木樵る童の、「暁に山へ行く」とて言ひける。「このごろ篳篥を詠ませさせ給ふなるを、人のえ詠みえ給はざむなる。童こそ詠みたれ」と言ひければ、具して行く童部、「あなおほけな。かかる事な言ひそ。様(さま)にも合はず。いまいまし」と言ひければ、「などか、必ず様によるか」とて、

  巡りくる春々ごとに桜花いくたび散りき人に問はばや

と言ひたりける。様に似ず、思ひがけずぞ

翻刻

いまはむかしかくし題をいみしく
けふせさせ給ける御かとのひちりきをひとわろ
くよみたりけるにきこるわらはのあかつき
に山へゆくとていひけるこのころひちりきを
よませさせ給なるを人のえよみへ給はさむな
るわらはこそよみたれといひけれはくして
ゆくわらはへあなおほけなかかる事ないひそ/b108 e55
さまにもあはすいまいましといひけれは
なとかかならすさまによるかとて
  めくりくるはるはることにさくらはな
  いくたひちりきひとにとははや
といひたりけるさまににす思かけすそ/b109 e55
text/kohon/kohon038.txt · 最終更新: 2014/09/16 01:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa