Recent changes RSS feed

古本説話集

第33話 貧女、盂蘭盆の歌の事

貧女盂蘭盆哥事

貧女、盂蘭盆の歌の事

校訂本文

今は昔、七月十五日、いみじう貧しかりける女の、親のためのことをえせで、薄色の衣(きぬ)の表(おもて)を解きて、缶(ほとぎ)に入れて、蓮の葉を上に覆いて、愛宕(おたぎ)にもて行きて、拝みて去りけるを、人の寄りて見ければ、蓮の葉に書きつけける、

  たてまつる蓮(はちす)の上のつゆばかりこころざしをもみよの仏に

翻刻

いまはむかし七月十五日いみしうまつし
かりける女のをやのためのことをえせてうす
いろのきぬのおもてをときてほときにいれて
はすのはをうへにををいておたきにもてゆき
ておかみてさりけるをひとのよりてみけ
れははすのはにかきつけける
  たてまつるはちすのうへのつゆはかり/b103 e52
  こころさしをもみよのほとけに/b104 e53
text/kohon/kohon033.txt · 最終更新: 2014/10/05 04:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa