Recent changes RSS feed

古本説話集

第30話 高光少将の事

高光少将事

高光少将の事

校訂本文

今は昔、高光の少将1)と申したる人、出家(すけ)し給ひたりければ、あはれにもやさしくも、さまざまなることども侍りけり。

なかにも御門の御消息(せうそこ)遣はしたりけむこそ、かたじけなく、「おぼろげならずは、御心も乱れけんかし」と、人、申しける。

  みやこより雲の上まで山の井の横川の水はすみよかるらむ

御返り、

  九重の内のみつねに恋ひしくて雲の八重立つ山は住み憂し

多武の峰に後には住み給ひしなり。

九条殿2)の御子。

翻刻

いまはむかしたかみつの少将と申たる
ひとすけし給たりけれはあはれにもやさし
くもさまさまなることとも侍けりなかにも御
門の御せうそこつかはしたりけむこそかたし
けなくおほろけならすは御心もみたれけん
かしと人申ける
  みやこよりくものうへまてやまのゐの
  よかはのみつはすみよかるらむ
御かへり
  ここのへのうちのみつねにこひしくて/b101 e51
  雲のやえたつ山はすみうし
たうのみねにのちにはすみ給し也
九条とのの御子/b102 e52
1)
藤原高光
2)
藤原師輔
text/kohon/kohon030.txt · 最終更新: 2016/01/22 14:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa