Recent changes RSS feed

古本説話集

第29話 伊勢の御息所の事

伊勢御息所事

伊勢の御息所の事

校訂本文

今は昔、伊勢の御息所、七条の后宮に候ひ給ひけるころ、枇杷の大納言1)の忍びて通ひ給ひけるに、女、いみじう忍ぶとすれど、みな人知りぬ。

さるほどに忘れ給ひぬれば、

  人知れずやみなましかばわびつつもなき名ぞとだに言はましものを

と詠みて遣りたりければ、「あはれ」とや思しけむ、帰りて、いみじう思して住み給ひけり。

「ほにいでて人に」と詠みたるも、この大臣(おとど)におはす。

翻刻

いまはむかし伊勢のみやす所七条の后宮
に候給けるころひはの大納言のしのひてかよひ
給けるに女いみしうしのふとすれとみな人
しりぬさるほとにわすれ給ぬれは
  ひとしれすやみなましかはわひつつも
  なき名そとたにいはまし物を
とよみてやりたりけれはあはれとやおほしけ
むかへりていみしうおほしてすみ給けり
ほにいてて人にとよみたるもこのおととに
おはす/b100 e51
1)
藤原仲平
text/kohon/kohon029.txt · 最終更新: 2016/01/22 13:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa