Recent changes RSS feed

古本説話集

第28話 曲殿の姫君の事

曲殿姫君事

曲殿の姫君の事

校訂本文

今は昔、五条わたりに古宮原の御子、兵部の大輔なる人おはしけり。心ばえあてに、古めかしければ、世にさし出でもせず、父(てて)宮の御家のこ高う大きなるに、あばれ残りたる東(ひんがし)の対(たい)にぞ住み給ひける。

年は五十余になりぬるに、娘の十余ばかりなるが、えもいはずをかしげなる、髪よりはじめ、姿・様体(やうたい)、ここはと見ゆるところなく、心ばへ、けはひ、らうたげに美し。人様のかくめでたければ、さるべき公達(きみたち)などにあはせ給へらむに、おろかにつゆ思ふべきにもあらず。

世に人、かくめでたしともえ知らざりければ、ことに言ふ人の無きままに、「これには、いかえか進みては言はむ。今言ふ人あらば」など、古めかしうおぼしつつみておはするに、気高き交らひもせさせまほしうおぼせど、かくうちあらぬ身のありさまなれば、思ひもかけず、心にかかりて、父(てて)も母も、ただ二人のなかに臥せて教ふることをのみなむ、し給ひける。

乳母の心ばへのふさはしからずのみありければ、「我らが年は老いにたり。頼むべき乳母の心ばへ、うち解くべくもあらず。たのむべき兄人(せうと)だにあらば、うしろめたなくおぼゆまじきを」。ただ二所(ふたところ)して嘆き給ふ事より他になし。

かかるほどに、父・母うちつづき失せ給ひぬれば、姫君の御心、ただ推し量るべし。あはれに悲しく置き所なくおぼさるる事、例へむ方なし。はかなくて、服なと脱ぎつ、明け暮れ親たちのうしろめたなき物にのたまひしかば、この乳母、うちも解けられず、何となくて、年来経るほどに、さるべき調度どもも、あまたありしかど、この乳母、人に言ひほらされて、はかもなく、やうやうし失いつ。世の中にあるべくもあらず、心細くおぼゆる事限りなし。

かくてあるほどに、乳母言ふやう、「おのが兄人なる法師に付けて、言はせ給ふなり。某(なにがし)の前司の御子の、年十余歳ばかりなるが、かたちも良く、心ばへも良きにおはすなり。父殿は受領におはすれど、近き上達部の子にて、貴(あて)なる人なり。通ひ給はむに、賤しかるべき人にもあらず。かくて心すごくておはしますよりは」など言ふ。姫君は髪を振りかけて泣き給ふより他の事なし。

乳母、かくて文たびたびとり伝ふれど、姫君、見も入れ給はず。ことわりなり。女房などに、姫君の御文とおぼしく、返り事はしつつやる。文、たびたびになりぬれば、その日と定めて来させつ。来初めぬれば、いふかひなくて通ひ歩かす。女の御有様は、かくめでたうおはすれば、男のこころざし、思ひ聞こえさする事、ことはりなり。また男君も、さすがに貴(あて)人の子なれば、けはひも貴やかに、有様ことに細やかにて、貴になむありける。

頼もしき人も無きままに、頼みてあるほどに、男君の父殿、陸奥国(みちのくに)の守になりぬ。春、急ぎて下るに、男君、とまるべきことならねば、親の供に下るに、この女君を置きて行かむ事、わりなくおぼゆれど、親に知られてうち解けたる仲らひにもあらねば、具せむこと恥づかしくてえ言はず。

その日になりて、いみじきことども契りおきて、泣く泣く別れて陸奥国へ去ぬ。国へ下り着きて、「いつしかと文上げむ」と思ふに、たしかなる便りもなし。

かく過ぐる間に年月も過ぎにけり。任果てての年、いつしか上らむとするに常陸の守なる人の、はなやかなるあり。それが「婿にせむ」とて、人々おこせて迎へければ、親、「いとかしこきことなり」と喜びて遣りつ。陸奥国に五年ゐて、また常陸に行きて三・四年とゐたる間、七八年ははかなくてなりぬ。

この常陸の女は、にくからず愛敬づきなどはしたれど、京の人には似るべくもあらねば、心を京に遣りつつ、恋ひ迷へどもかひなし。

たびたび出したてて、消息を遣れど、「え尋ねず」とて、消息を持て返り、又、京にやがて使ひはとまりて、返り事も持てこずなどしてあるほどに、任も果てて上るほどに、道すがら、「いつしか」と思ふ。

粟津に来て、「日次で悪し」とて、二三日ゐたるに、おぼつかなき事限りなし。

からうじて、よろしかりける日、京に入る。「昼は見苦し」とて、日暮してなむ入りけるに、入るや遅きと妻(め)をば常陸の家に送り置きて、さりげなきやうにて、旅装束しながら、五条に急ぎ行きてみれば、築地(ついぢ)こぼれこぼれもありしに、多うは小家ゐにけり。

四足(よつあし)の門(かど)のありしも跡形も無し。寝殿・対などの有りしも、一つ見えず。政所屋のありし板屋なん、ゆがむゆがむ残りたる。池は水も無くて、葱(なぎ)といふ物を作りて水も無し。多かりし木も、所々切り失なひたり。

「この辺に知りたる物やある」と尋ねさすれど、さらになし。政所屋のこぼれ残りたる所に、人の住むやうに見ゆ。人を呼べば、女法師、一人出できたり。月の明かきに見れば、樋洗(ひすまし)にてありし物の母にて、国名つきてありし物なりけり。

寝殿の柱の倒(たう)れて残りたるがあるに、尻うち掛けて、この尼を呼び寄せて、「ここに住み給ひし人」と問へば、尼、はかばかしくも言はず。「言ふまじきなむめり」と思ひて、そのころ、十月、中の十日ごろなれば、女もいと寒げなり。着たる衣(きぬ)を一つ脱ぎて取らすれば、女、手惑ひをして、「こはいかなる人の、かうはしめ給ふにかあらむ1)」と言へば、「我は、しかじかの人にあらずや。女は見忘れにたるか。おのれをば、若狭とこそ言ひしか。いつ法師にはなりしぞ。したみつとてありしおのが娘は、いづちか去にし。我をば忘れたるか。我はさらに忘れず」と言へば、女、むせかへり泣く事限りなし。

女、「知らぬ人かとてこそ隠し申しつれ、ありのままに申し候はむ。尋ねもし奉らせ給へかし。国に下らせ給し一年ばかりは、候し人々も、「御消息やある」と、待ち聞こえさせしに、さることもかき絶えて、候はざりしかば、「忘れ果てさせ給ひたるなめり」と、さぶらひし人々も思ひて候ひしかども、おのづから候ひしほどに、御乳母、おとと2)も二年ばかりありて失せ給ひにしかば、知り奉る人、つゆ候はで、みなちりぢりにまかり失せ候ひて、寝殿は殿の内の下人の焚き物にてこぼち候しかば、倒(たふ)れ候ひにき。おはしましし対も、道行人のこぼち物にて、それも一年の大風に倒れ候ひにき。御前は侍(さぶらひ)の廊になむ、二間・三間ばかりしつらひて、おはしますにもあらでおはしますに、女はしたみづか男して、「京にては誰かは養はむ。いざ」とてまかりしかば、但馬にまかりて、去年(こぞ)なむまかり上りて候ひしに、跡形も無う殿もなり、おはしましにけむ方も知り奉らで、人々にも言ひつけ、自らも尋ね奉れど、おはします方も知り奉らず」と言ひて泣くこと限りなし。男君も、かく聞くままに、いみじく泣きて帰りぬ。

家に来て、この人あらであるべくもおぼえねば、物詣でのやうに、藁沓(わらうづ)を履き、笠を着て、所々尋ね歩けど、何しかはあらむかし。「西の京の辺にやあらむ」と思ひて、二条より西ざまに、大垣に沿ひて行くほどに、時雨のいたうすれば、「西の曲殿3)に立ち隠れん」とて寄りたれば、連子の内に人の気配のするを、やをら寄りて覗けば、筵・薦の汚なげなるをひき廻らして、女法師一人、若き人の痩せさらぼいたる、色青みて影のやうにて、あやしのやうなる筵の破れに牛の衣(きぬ)のやうなる布の衣を着たり。破れたる筵を腰に引き掛けて、手枕(たまくら)をして臥したり。「さすがに、いみしげながら、貴(あて)なる物よ」と見立てり。なほあやしく見ゆれば、寄りて近き壁の穴より覗けば、あやしく、この失なひたる人に見なしつ。

目も暗れて、あさましくおぼゆれば、やをらゐて目守りゐたり。女のいみじく貴に、らうたき声してかく言ふ。

  手枕のすきまの風も寒かりき身はならはしの物にぞありける

かく言ふを聞きて、筵を戸にしたるをかかげて、「かくてはいかでおはしけるぞ」と言ひて、寄りて抱けば、顔を見合せて「遠う去にし人なりけり」と思ふに、えや堪へざりけむ、やがて絶え入りて、冷えすくみにけり。

男、はかなく見なしつれば、愛宕に行きて、髻(もとどり)切りて、法師になりにけり。

このことは、詳しからねど、古今に書かれたり。

翻刻

いまはむかし五条わたりにふる宮はら
の御こひやうふのたいふなる人おはしけり
心はえあてにふるめかしけれはよにさし
いてもせすてて宮の御家のこたかふおほきなる/b82 e42
にあはれのこりたるひんかしのたいにそすみ
給けるとしは五十よになりぬるにむすめ
の十よはかりなるかえもいはすをかしけ
なるかみよりはしめすかたやうたいここはと
みゆるところなくこころはへけはひらうた
けにうつくしひとさまのかくめてたけれ
はさるへききみたちなとにあはせ給へらむ
にをろかにつゆ思ふへきにもあらすよにひと
かくめてたしともえしらさりけれはことに
いふひとのなきままにこれにはいかてかすすみ/b83 e42
てはいはむいまいふ人あらはなとふるめか
しうおほしつつみておはするにけた
かきましらひもせさせまほしうおほせと
かくうちあらぬみのありさまなれは思ひも
かけす心にかかりてててもははもたたふたり
のなかにふせてをしふることをのみ
なむし給けるめのとのこころはへのふさ
はしからすのみありけれは我らかとしはをひ
にたりたのむへきめのとの心はへうちとくへ
くもあらすたのむへきせうとたにあらは/b84 e43
うしろめたなくおほゆましきをたたふた
ところしてなけきたまふ事よりほかに
なしかかるほとにててははうちつつきうせ給ぬ
れはひめ君の御心たたをしはかるへしあはれ
にかなしくおきところなくおほさるる事
たとへむかたなしはかなくてふくなとぬき
つあけくれおやたちのうしろめたなき物に
のたまひしかはこのめのとうちもとけられ
すなにとなくてとしころふるほとにさる
へきてうととももあまたありしかとこのめのと/b85 e43
ひとにいひほらされてはかもなくやうやうしう
ないつよのなかにあるへくもあらす心ほそ
くおほゆる事かきりなしかくてある
ほとにめのといふやうをのかせうとなるほうし
につけていはせ給也なにかしのせむしの
御このとし十よさいはかりなるかかたちもよく
こころはへもよきにおはす也ちちとのはすりやう
におはすれとちかきかむたちめの子にてあて
なる人也かよひたまはむにいやしかるへき
ひとにもあらすかくてこころすこくておは/b86 e44
しますよりはなといふひめ君はかみをふり
かけてなき給よりほかの事なしめのとかく
てふみたひたひとりつたふれとひめきみみ
もいれ給はすことはり也女房なとにひめきみの
御ふみとおほしくかへり事はしつつやる文
たひたひになりぬれはそのひとさためてこさせつ
きそめぬれはいふかひなくてかよひありかす女
の御ありさまはかくめてたうおはすれはおとこの
こころさし思ひきこえさする事ことはり也
またをとこきみもさすかにあて人の子なれは/b87 e44
けはひもあてやかにありさまことにほそやか
にてあてになむありけるたのもしき人も
なきままにたのみてあるほとにをとこ君
のちちとのみちのくにのかみになりぬはるい
そきてくたるにおとこきみとまるへきこと
ならねはおやのともにくたるにこの女きみを
をきていかむ事わりなくおほゆれとをや
にしられてうちとけたるなからゐにもあら
ねはくせむことはつかしくてえいはすその日
になりていみしきことともちきりおきて/b88 e45
なくなくわかれてみちのくにへいぬくにへ
くたりつきていつしかとふみあけむと思
ふにたしかなるたよりもなしかくすく
るあひたにとし月もすきにけりにむはてて
のとしいつしかのほらむとするにひたちのかみ
なるひとのはなやかなるありそれかむこにせ
むとて人々をこせてむかへけれはをやいと
かしこきことなりとよろこひてやりつみち
のくにに五年ゐてまたひたちにゆきて三
四年とゐたるあひた七八年ははかなくてなりぬ/b89 e45
このひたちの女はにくからすあいきやうつきなと
はしたれと京のひとにはにるへくもあら
ねはこころをきやうにやりつつこひまよへとも
かひなしたひたひたしたててせうそこ
をやれとえたつねすとてせうそこをもてか
へり又きやうにやかてつかひはとまりて
かへり事ももてこすなとしてあるほど
ににむもはててのほるほとにみちすからいつ
しかと思あはつにきて日ついてあしとて
二三日ゐたるにおほつかなき事かきりなし/b90 e46
からうしてよろしかりける日京にいるひる
はみくるしとてひくらしてなむいりけるに
いるやをそきとめをはひたちの家におくり
をきてさりけなきやうにてたひしやうそく
しなから五条にいそきゆきてみれはついちこほ
れこほれもありしにおほうはこいゑゐにけり
よつあしのかとのありしもあとかたもなし
しむてんたいなとの有しもひとつみえすまむ
ところやのありしいたやなんゆかむゆかむのこり
たるいけはみつもなくてなきといふ物を/b91 e46
つくりてみつもなしおほかりしきもこ
ところところきりうしなひたりこの辺に
しりたる物やあるとたつねさすれとさらに
なしまむところやのこほれのこりたる所
にひとのすむやうにみゆ人をよへは女
ほうしひとりいてきたりつきのあかき
にみれはひすましにてありし物ゝ
ははにてくになつきてありし物也けり
しむてんのはしらのたうれてのこりたる
かあるにしりうちかけてこのあまを/b92 e47
よひよせてここにすみ給し人ととへは
あまはかはかしくもいはすいふましき
なむめりと思ひてそのころ十月なかの十日
ころなれは女もいとさむけなりきたるきぬ
をひとつぬきてとらすれは女てまとひをし
てこはいかなる人のかうはしめ給にかあらむと
いへは我はしかしかの人にあらすや女はみ
わすれにたるかをのれをはわかさとこそいひ
しかいつほうしにはなりしそした
みつとてありしをのかむすめはいつちかいにし/b93 e47
我をはわすれたるか我はさらにわすれずと
いへは女むせかへりなく事かきりなし
女しらぬひとかとてこそかくし申つれあ
りのままに申候はむたつねもしたてまつ
らせ給へかしくににくたらせ給しひとと
せはかりは候し人々も御せうそくやあると
まちきこえさせしにさることもかきたえて
候はさりしかはわすれはてさせ給たるなめ
りとさふらひし人々も思ひて候しかとも
をのつから候しほとに御めのとおとともふた/b94 e48
とせはかりありてうせ給にしかはしりたて
まつるひとつゆ候はてみなちりちりにまかり
うせ候てしむてんはとののうちの下人のたき
物にてこほち候しかはたふれ候にきおはし
まししたいもみちゆき人のこほち物にてそれも
ひととせのおほ風にたふれ候にき御まへは
さふらひのらうになむふたまみまはかり
しつらひておはしますにもあらておは
しますに女はしたみつかをとこして京に
てはたれかはやしなはむいさとてまかりしかは/b95 e48
たちまにまかりてこそなむまかりのほ
りて候しにあとかたもなうとのもなり
をはしましにけむかたもしりたてまつらて
ひとひとにもいひつけみつからもたつねたて
まつれとをはしますかたもしりたてまつら
すといひてなくことかきりなしをとこ
君もかく聞ままにいみしくなきてかへりぬ
いゑにきてこの人あらてあるへくもおほえね
は物まうてのやうにわらうつをはきかさを
きてところところたつねありけとなにしかは/b96 e49
あらむかしにしのきやうのへむにやあら
むと思ひて二条よりにしさまにおほかきに
そひていくほとに時雨のいたうすれは西
のかりとのにたちかくれんとてよりたれは
れむしのうちにひとのけはひのするをや
をらよりてのそけはむしろこものきた
なけなるをひきめくらして女ほうしひと
りわかき人のやせさらほいたるいろあをみて
かけのやうにてあやしのやうなるむし
ろのやれにうしのきぬのやうなるぬののきぬ/b97 e49
をきたりやれたるむしろをこしに
ひきかけてたまくらをしてふしたりさ
すかにいみしけなからあてなる物よとみ
たてりなをあやしくみゆれはよりて
ちかきかへのあなよりのそけはあやしく
このうしなひたる人にみなしつめも
くれてあさましくおほゆれはやをらゐて
まもりゐたり女のいみしくあてにらう
たきこゑしてかくいふ
  たまくらのすきまの風もさむかりき/b98 e50
  身はならはしの物にそありける
かくいふをききてむしろをとにしたるを
かかけてかくてはいかておはしけるそといひて
よりてたけはかほをみあはせてとをう
いにし人なりけりと思ふにえやたえさ
りけむやかてたえいりてひえすくみにけり
をとこはかなくみなしつれはあたこに
ゆきてもととりきりてほうしになりに
けりこのことはくはしからねと古今に
かかれたり/b99 e50
1)
「かうはし給ふ」か
2)
「おとこ」の誤写か。
3)
底本「かりとの」
text/kohon/kohon028.txt · 最終更新: 2014/09/15 21:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa