Recent changes RSS feed

古本説話集

第19話 平中の事

平中事

平中の事

校訂本文

今は昔、平中1)といふ色好みの、いみじく思ふ女の、若く美しかりけるを、妻(め)のもとに率(い)て来て置きたり。妻にくげなることどもを言ひつづくるに、追ひ出だしけり。この妻に従ひて、「いみじうらうたし」とは思ひながら、え留めず。いちはやく言ひければ、近くだにもえ寄らで、四尺の屏風に押しかかりて立てり。

「世の中の思ひのほかにてあること。いかにしてものし給ふとも、忘れて消息もし給へ。をのれもさなむ思ふに」など、言ひけり。この女は包みなどに物入れしたためて車とりにやりて、待つほどなり。「いとあはれ」と思けり。

さて、出でにけり。とばかりありて、おこせたる、

  忘らるな忘れやしぬる春霞今朝立ちながら契りつること

この平中、さしも心に入らぬ女のもとにても、泣かれぬねを、そら泣きをし涙に濡らさむ料に硯瓶に水をいれて、緒をつけて、肘に懸けて、し歩きつ顔・袖を濡らしけり。

出居の方を、妻覗きて見れば、間木に物をさし置きけるを、出でて後取り下して見れば、硯瓶なり。また、畳紙に丁子入りたり。瓶の水をいうてて、墨を濃く磨りて入れつ。鼠の物を取り集めて丁子に入れ替えつ。さて、もとの様に置きつ。

例の事なれば、夕さりは出でぬ。暁に帰りて、心地悪しげにて、唾(つばき)を吐き、臥したり。「畳紙の物のけなめり」と、妻は聞き臥したり。

夜明けて見れば、袖に墨ゆゆしげに付きたり。鏡を見れば、顔も真黒に目のみきら2)めきて、我ながらいと恐しげなり。硯瓶を見れば、墨を磨りて入れたり。畳紙に鼠の物入りたり。いといとあさましく、心憂くて、その後そら泣きの涙、丁子くぐむこと、とどめてけるとぞ。

翻刻

いまはむかし平中といふ色このみのいみし
くおもふ女のわかくうつくしかりけるをめのも
とにいてきておきたりめにくけなる事
ともをいひつつくるにおひいたしけりこのめに
したかひていみしうらうたしとは思なから
えととめすいちはやくいひけれはちかくたにもえ
よらて四尺のひやう風にをしかかりてたて
り世の中の思のほかにてある事いかにして
ものしたまふともわすれて消息もしたまへ
をのれもさなむおもふになといひけりこの女は/b60 e30
つつみなとにものいれしたためてくるまと
りにやりてまつほと也いとあはれと思けりさて
いてにけりとはかりありてをこせたる
  わすらるなわすれやしぬるはるかすみ
  けさたちなから契つる事
この平中さしもこころにいらぬ女のもとに
てもなかれぬねをそらなきをしなみたにぬら
さむれうにすすりかめに水をいれてををつけ
てひちにかけてしありきつかを袖をぬらしけり
てゐの方をめのそきてみれはまきにものを/b61 e30
さしおきけるをいててのちとりをろして
みれはすすりかめ也またたたうかみにちやうし
いりたりかめの水をいうててすみをこくすりて
いれつねすみの物をとりあつめてちやうしに
いれかへつさてもとの様にをきつれいの事
なれは夕さりはいてぬあかつきにかへりて心地
あしけにてつはきをはきふしたりたたうかみの物ゝけなめりとめはききふしたり夜あ
けてみれは袖にすみゆゆしけにつきたり
かかみをみれはかほもまくろにめのみきらめき
て我なからいとをそろしけなりすずり/b62 e31
かめをみれはすみをすりていれたりたたう
紙にねすみの物いりたりいといとあさましく
心うくてそののちそらなきの涙ちやうしくくむ事
ととめてけるとそ/b63 e31
1)
平貞文
2)
底本「 ろ」の横に「ら」を傍書
text/kohon/kohon019.txt · 最終更新: 2016/01/21 11:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa