Recent changes RSS feed

古本説話集

第17話 賀朝の事

賀朝事

賀朝の事

校訂本文

今は昔、人の妻(め)に忍びて通ふ僧ありけり。元の男に見つけられて、詠みかけける、

  身投ぐとも人に知られぬ世の中に知られぬ山に見るよしもかな

と言へば、元の男

  世の中に知られぬ山に身投ぐとも谷の心やいはで思はん

この密男(みそかをとこ)は賀朝といひたる学生説経師なり。

翻刻

いまはむかし人のめにしのひてかよふ僧あり
けりもとのをとこにみつけられてよみかけける
  みなくともひとにしられぬ世の中に
  しられぬ山にみるよしも哉
といへはもとのをとこ
  世の中にしられぬ山に身なくとも
  たにのこころやいはてをもはん
このみそかをとこはかてうといひたる学生説経師也/b58 e29
text/kohon/kohon017.txt · 最終更新: 2014/09/15 21:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa