Recent changes RSS feed

古本説話集

第16話 継子、小鍋の歌の事

継子小鍋哥事

継子、小鍋の歌の事

校訂本文

今は昔、人の女(むすめ)の幼かりける、継母にあひて、憎まれてわびしげにてありけり。継母、我方に人のもとより讃岐の小鍋を多く得て、前に取り並べて、見、沙汰しけるを、この子に一つもとらせざけり。

「心憂し」と思ひて、南面(みなみをもて)の人もなき方に出でて、うち泣きてながめゐたれば、鶯同じ心にいみじく鳴きければ、

  鶯よなどさは鳴くぞ乳(ち)やほしき小鍋やほしき母や恋ひしき

とぞ詠みたりける。

かたち、心ばへも美しかりけれども、継母になりぬれば、かく憎みけるなり。

翻刻

いまはむかし人のむすめのをさなかりける/b56 e28
ままははにあひてにくまれてわひしけにて
有けりままはは我方に人のもとよりさぬき
のこなへをおほくえて前にとりならへてみさた
しけるをこの子に一もとらせさりけり
心うしとおもひてみなみをもてのひともなき
方にいててうちなきてなかめゐたれはうくひすをなし
心にいみしくなきけれは
  うくひすよなとさはなくそちやほしき
  こなへやほしきははやこひしき
とそよみたりけるかたち心はへもうつくしかり/b57 e28
けれともままははになりぬれはかくにくみける也/b58 e29
text/kohon/kohon016.txt · 最終更新: 2014/09/15 21:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa