ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:kohon:kohon015

古本説話集

第15話 道命阿闍梨の事

道命阿闍梨事

道命阿闍梨の事

校訂本文

今は昔、右衛門尉なりける者の、えせなる親を持ちて、「人見る。面伏せなり」とて、伊与の国より上りけるが、海に親を落し入れてけるを、人、心憂がり、あさましがりけるに、「七月十五日に盆を奉る」とて、急ぐを見給ひて、道命阿闍梨、

  わたつ海に親落し入れてこの主の盆する見るるぞあはれなりける

翻刻

いまはむかし右衛門尉なりけるもののえせ
なるをやをもちて人みるをもてふせなり
とて伊与のくによりのほりけるかうみにをや
をおとしいれてけるを人こころうかりあ
さましかりけるに七月十五日にほむをたて
まつるとていそくをみ給て道命阿闍梨
  わたつうみにをやおとしいれてこのぬしの
  ほむするみるそあはれなりける/b56 e28


text/kohon/kohon015.txt · 最終更新: 2014/09/15 21:43 by Satoshi Nakagawa