Recent changes RSS feed

古本説話集

第9話 伊勢大輔、歌の事

伊勢大輔哥事

伊勢大輔、歌の事

校訂本文

今は昔、紫式部、上東門院1)に歌読み優の者にて候ふに、大斎院2)より、春つ方、「つれづれに候ふに、さりぬべき物語や候ふ」と尋ね申させ給ひければ、御草子どもとり出ださせ給ひて、「いづれをか参らすべき」など、選り出ださせ給ふに、紫式部、「みな目慣れて候ふに、新しく作りて参らせさせ給ひつかし」と申しければ、「さらば、作れかし」と仰せられければ、源氏は作りて参らせたりけるとぞ。

いよいよ心ばせすぐれて、めでたきものにて候ふほどに、伊勢大輔参りぬ。それも歌詠みの筋なれば、殿、いみじうもてなされ給ふ。奈良より年に一度、八重桜を折りて持て参るを、紫式部、「今年は大輔に譲り候らはむ」とて、譲りければ、取り次ぎて参らするに、殿、「遅し、遅し」と仰せらるる御声につきて、

  いにしへの奈良のみやこの八重桜今日九重に匂ひぬるかな

「取り次ぎつるほどほどもなかりつるに、いつの間に思ひ続けけむ」と、人も思ふ、殿もおぼしめしたり。

めでたくて候ふほどに、致仕(ちじ)の中納言の子の、越前の守とて、いみじうやさしかりける人の妻になりにけり。

会ひ始めたりけるころ、石山にこもりて、音せざりければ、遣はしける、

  みるめこそあふみの海にかたからめ吹きだに通へ滋賀の浦風

と詠みてやりたりけるより、いとど歌おぼえまさりにけり。まことに子孫栄へて、六条の大弐・堀河の大弐など申しける人々、この伊勢大輔の孫なりけり。白河院は曾孫(ひいこ)おはしましけり。

一の宮と申しける折、参りて見参らせけるに、「鏡を見よ」とて、賜びたりけるに、給はりて、

  君見ればちりも曇らでよろづ代の齢(よはひ)をのみもます鏡かな

御返し。大夫殿、宮の御伯父におはします。

曇りなき鏡の光ますますも照らさむ影に隠れざらめや

翻刻

いまはむかし紫式部上東門院にうた読
いふのものにてさふらふに大斎院より春つ方
つれつれにさふらふにさりぬへきものかたりや候と
たつね申させ給けれは御さうしともとりいたさ
せ給ていつれをかまいらすへきなとえりいたさせ給
にむらさき式部みなめなれてさふらふに/b47 e23
あたらしくつくりてまいらせさせ給つかしと申
けれはさらはつくれかしとおほせられけれは源氏は
つくりてまいらせたりけるとそいよいよ心はせす
くれてめてたきものにてさふらふほとに伊勢
大輔まいりぬそれもうたよみのすちなれはとの
いみしうもてなされ給ならよりとしに一度やへさ
くらををりてもてまいるをむらさき式部ことしは
大輔にゆつり候はむとてゆつりけれはとりつきてまい
らするにとのをそしをそしとおほせらるる御こゑに/b48 e24
つきて
  いにしへのならの宮このやへさくら
  けふここのへににほひぬるかな
とりつきつるほとほともなかりつるにいつのまにおもひ
つつけけむと人もおもふとのもおほしめしたりめて
たくてさふらふほとにちしの中納言のこのゑちせむ
のかみとていみしうやさしかりける人のめに成に
けりあひはしめたりけるころ石山にこもりてをと
せさりけれはつかはしける
  みるめこそあふみのうみにかたからめ/b49 e24
  ふきたにかよへしかのうらかせ
とよみてやりたりけるよりいととうたおほえまさ
りにけりまことに子孫さかへて六条の大弐ほりか
はの大弐なと申ける人々この伊勢大輔のまこな
りけり白河院はひいこおはしましけり一の宮と申
けるをりまいりてみまいらせけるにかかみをみ
よとてたひたりけるにたまはりて
  君みれはちりもくもらてよろつ代の
  よはひをのみもますかかみかな
御返大夫殿宮の御をちにおはします/b50 e25
くもりなきかかみのひかりますますも
てらさむかけにかくれさらめや/b51 e25
1)
一条天皇中宮彰子
2)
選子内親王
text/kohon/kohon009.txt · 最終更新: 2016/01/20 15:58 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa