Recent changes RSS feed

古本説話集

第8話 御荒の宣旨、歌の事

御荒宣旨哥事

御荒の宣旨、歌の事

校訂本文

今は昔、御荒(みあれ)の宣旨といふ人は、優にやさしく、かたちもめでたかりけり。皇太后宮1)の女房なり。中納言定頼2)、文おこせ給ふ。

  昼は蝉夜は蛍に身をなして鳴き暮らしては燃えや明かさん

さやうにて通ひ給ふほどに、心少し変はり、絶え間がちなり。

はるばると野中に見ゆる忘れ水絶え間絶え間を嘆くころかな

中納言、見目よりはじめ、何事にも優れてめでたくおはするを、心ある人は見知りて、嘆かし秋の夕暮れ、きりぎりすいたく鳴きけるを、「長き思ひは」など、ながめ給ひけるを、忘れがたき事に言ひためり。

絶え給ひて後、賀茂に参り給ふと聞きて、「今一度も見む」と思ひて、心にもあらぬ賀茂参りして、

  よそにても見るに心はなぐさまで立ちこそまされ賀茂の川波

とても、涙のみいとどこぼれまさりて、大方うつし心もなくぞ思えける。

蝉の鳴くを聞きて、

  恋しさをしのびもあへぬうつせみの現(うつ)し心もなくなりにけり

「をのづから嘆きや晴るる」とて、中納言には劣れども、無下ならぬ人に、親しき人心合はせて盗ませてけり。それをまた、いたう嘆きて、

  身を捨てて心は無きになりにしをいかでとまれる思ひなるらん

  世を代へてこころみれども山の端につきせぬものは恋にぞ有りける

ただ中納言をのみ恋ひ嘆きて、「いかに罪深かりけむ」と思ふに、貴くめでたき法師子を持ちて、山に置かれたりけるぞ、「罪少し軽るみにけむかし」とはおぼゆれ。

御堂の中姫君3)、三条院の御時の后、皇太后宮と申したるが女房なり。大和の宣旨とも申しけり。世にいみじき色好みは本院の侍従・御荒の宣旨と申したる。侍従は、はるか昔の平中4)が世の人。この御形の宣旨は中ごろの人。されば、昔今の人を一手に具して申したるなり。5)

翻刻

いまはむかしみあれの宣旨といふ人はいふにやさ
しくかたちもめてたかりけり皇太后宮の女房
也中納言定頼ふみをこせ給
  ひるはせみよるはほたるに身をなして
  なきくらしてはもえやあかさん
さやうにてかよひたまふほとに心すこしかはりたえ/b43 e21
まかちなり
  はるはると野中にみゆるわすれみつ
  たえまたえまをなけくころかな
中納言みめよりはしめなに事にもすくれてめて
たくおはするを心ある人はみしりてなけかし
あきの夕くれきりきりすいたくなきけるをなかき
思ひはなとなかめ給けるをわすれかたき事に
いひためりたえ給てのち賀茂にまいり給と
ききていま一度もみむとおもひて心にもあら
ぬかもまいりして/b44 e22
  よそにてもみるにこころはなくさまて
  たちこそまされかものかはなみ
とてもなみたのみいととこほれまさりておほ方う
つし心もなくそおほえけるせみのなくをききて
  こひしさをしのひもあえぬうつせみの
  うつし心もなく成にけり
をのつからなけきやはるるとて中納言にはおとれとも
無下ならぬ人にしたしき人心あはせてぬす
ませてけりそれをまたいたうなけきて
  みをすててこころはなきになりにしを/b45 e22
  いかてとまれる思ひなるらん
  よをかへてこころみれとも山のはに
  つきせぬものはこひにそ有ける
たた中納言をのみこひなけきていかにつみふかか
りけむとおもふにたうとくめてたき法師子を
もちて山におかれたりけるそつみすこしかるみ
にけむかしとはおほゆれ
  御堂のなかひめ君三条院の御ときのきさき
  皇太后宮と申たるか女房也山との宣旨
  とも申けりよにいみしき色このみは本院の/b46 e23
  侍従みあれの宣旨と申たる侍従ははる
  かむかしの平仲か世の人この御あれの
  宣旨はなかころの人されはむかしいまの人を
  ひとてにくして申たる也/b47 e23
1) , 3)
藤原妍子
2)
藤原定頼
4)
平貞文
5)
「御堂の中姫君」以下、底本二字下げ。注記の扱い。
text/kohon/kohon008.txt · 最終更新: 2016/01/20 15:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa