Recent changes RSS feed

古本説話集

第6話 帥宮、和泉式部に通ひ給ふ事

帥宮通和泉式部給事

帥宮、和泉式部に通ひ給ふ事

校訂本文

今は昔、和泉式部がもとに、帥宮(そちのみや)1)通はせ給ひけるころ、久しく音せさせ給はざりけるに、その宮に候ふ童(わらは)の来たりけるに、御文もなし。帰り参るに、

  待たましもかばかりこそはあらましか思ひもかけぬ今日の夕暮れ

持て参りて、参らせたりければ、「まことに久しくなりにけり」と心苦しくて、やがておはしましけり。

女も月をながめて、端にゐたりけり。前栽の露きらきらと置きたるに、「人は草葉の露なれや」と、のたまはするさま、優にめでたし。御扇に御文を入れて、「御使の取らで参りにければ」とて、給はす。扇を指し出だして取りつ。「今宵は帰りなん。明日物忌みといふなりつれば、長らむもあやしかるべければ」とのたまはすれば、

  心みに雨も降らなん宿過ぎて空行く月の影や止まると

聞こえたれば、「吾が恋や」とて、しばし上りて細やかに語らひおきて、出でさせ給ふとて、

  あぢきなく雲居の月にさそはれて影こそ出づれ心やは行く

有つる御文を見れば

  我ゆゑに月を眺むと告げつればまことかと見に出でて来にけり

「何事につけても、をかしうおはしますに、あはあはしき物に思はれ参らせたる、心憂く思ゆ」と日記に書きたり。

始めつ方は、かやうに心ざしもなき様に見えたれど、後には上を去りたてまつらせ給ひて、ひたぶるにこの式部を妻(め)にせさせ給ひたりと見えたり。

保昌2)に具して、丹後へ下りたるに、「明日狩りせむ」とて、者ども集ひたる夜さり、鹿のいたく鳴きゐたれば、「いで、あはれや。明日死なむずれば、いたく鳴くにこそ」と、心憂がりければ、「さおぼさば、狩とどめむ。よからむ歌を詠み給へ」と言はれて

  ことはりやいかでか鹿の鳴かざらん今宵ばかりの命と思へば

さて、その日の狩りはとどめてけり。

保昌に忘られて侍りけるころ、貴船に参りて御手洗(みたらし)河に蛍の飛びけるを見て

  もの思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づる魂(たま)かとぞ見る

  奥山にたぎりて落つる滝つ瀬に玉散るばかり物な思ひそ

この歌、貴船の明神の御返しなり。男声にて耳に聞こえけるとかや。

翻刻

いまはむかし和泉式部かもとに帥宮かよは
せ給けるころひさしくをとせさせ給はさりける
にその宮にさふらふわらはのきたりけるに
御文もなしかへりまいるに/b37 e18
  またましもかはかりこそはあらましか
  思ひもかけぬ今日の夕くれ
もてまいりてまいらせたりけれはまことにひさ
しく成にけりと心くるしくてやかておはしまし
けり女も月をなかめてはしにゐたりけ
り前栽のつゆきらきらとをきたるに人はくさ葉
の露なれやとのたまはするさまいふにめてたし
御扇に御文をいれて御使のとらてまいりに
けれはとてたまはすあふきをさしいたしてとり
つこよひはかへりなんあすものいみといふなり/b38 e19
つれはなからむもあやしかるへけれはとのたま
はすれは
  心みにあめもふらなんやとすきて
  そら行月のかけやとまると
きこえたれはあかこひやとてしはしのほりて
こまやかにかたらひをきていてさせ給とて
  あちきなく雲ゐの月にさそはれて
  かけこそいつれ心やは行
有つる御のをみれは
  われゆえに月をなかむとつけつれは/b39 e19
  まことかとみにいててきにけり
なに事につけてもをかしうおはしますに
あはあはしき物におもはれまいらせたるこころうく
おほゆと日記にかきたりはしめつ方はかやうに
心さしもなき様にみえたれとのちにはうへを
さりたてまつらせ給てひたふるにこの式部
をめにせさせ給たりとみえたりやすまさに
くして丹後へくたりたるにあすかりせむとて
ものともつとひたる夜さりしかのいたくなきゐ
たれはいてあはれやあすしなむすれはいたくな/b40 e20
くにこそと心うかりけれはさおほさはかりととめむよ
からむうたをよみ給へといはれて
  ことはりやいかてかしかのなかさらん
  こよひはかりのいのちとおもへは
さてそのひのかりはととめてけりやすまさに
わすられて侍けるころきふねにまいりてみたら
し河にほたるのとひけるをみて
  ものおもへはさはのほたるもわか身より
  あくかれいつるたまかとそみる
  おくやまにたきりておつるたきつせに/b41 e20
  たまちるはかりものなおもひそ
この哥きふねの明神の御返し也おとこ
こゑにてみみにきこえけるとかや/b42 e21
1)
敦道親王
2)
藤原保昌
text/kohon/kohon006.txt · 最終更新: 2016/01/20 15:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa