Recent changes RSS feed

古本説話集

第5話 赤染衛門の事

赤染衛門事

赤染衛門の事

校訂本文

今は昔、赤染衛門といふ歌詠みは、時望1)といひけるが女(むすめ)、入道殿2)に候ひけるが、心ならず匡衡3)を男にして、いと若き博士にてありけるを、事にふれて、のがひ、厭ひ、あらじとしけれど、男はあやにくに心ざし深くなりゆく。殿の御供に住吉へ参りて詠みて起こせたる。

  恋しきに難波の事もおぼほえず誰住吉のまつといひけん

返事

  名を聞くに長居しぬべき住吉のまつとはまさる人やいひけむ

会ふ事の有難かりければ、思ひわびて稲荷の神主のもとへ通ひなどしけれど、心にも入らざりけり。「すぎむらならば」など詠みたるは、そのをりの事なるべし。

匡衡、尾張の守などになりにければ、猛(まう)になりて、え厭ひも果てず、挙周(たかちか)4)なと産みてければ、幸い人といはれけり。

尾張へ具して下る道にて、守一人ごつ。

  十日の国に至りてしがな

赤染、

  宮こ出でて今日九日になりにけり

挙周、望む事有けるに。申文の奥に書きて、鷹司殿5)へ参らせたる

  思へ君頭の雪を払ひつつ消えぬ先にと急ぐ心を

入道殿6)、御覧じて、いみしくあはれがらせ給ひて、和泉には急ぎなさせ給たりけるとぞ。

和泉へ下る道にて、挙周、例ならず大事にて、限りになりたりければ、

  替はらむと思ふ命は惜しからでさても別れむ程ぞ悲しき

  頼みては久しく成りぬ住吉のまつこのたびのしるし見せなむ

と書きて、住吉に参らせたりけるままに、挙周、心地さはさはと止みにけり。その後、めでたき事に、世に言ひののしりけり。

翻刻

いまはむかし赤染衛門といふうたよみは時もちと
いひけるかむすめ入道殿に候けるか心ならす
まさひらをおとこにしていとわかきはかせにて
ありけるをことにふれてのかひいとひあらしと
しけれとおとこはあやにくに心さしふかく成ゆく
殿ゝ御ともに住吉へまいりてよみてをこせたる
  こひしきに難波の事もおほほえす
  たれすみよしのまつといひけん
返事
  なをきくになかゐしぬへきすみよしの/b34 e17
  まつとはまさる人やいひけむ
あふ事の有かたかりけれは思ひわひていなひ
の神主のもとへかよひなとしけれと心にもいら
さりけりすきむらならはなとよみたるはその
をりの事なるへしまさひらをはりのかみなと
になりにけれはまうになりてえいとひもはてす
たかちかなとうみてけれはさいわい人といはれけ
りおはりへくしてくたるみちにてかみひとりこつ
  とうかのくににいたりてしかな
あかそめ/b35 e17
  宮こいててけふここぬかになりにけり
たかちかのそむ事有けるに申文の
おくにかきてたかつかさとのへまいらせたる
  おもへきみかしらのゆきをはらひつつ
  きえぬさきにといそく心を
入道との御らむしていみしくあはれからせ給て
いつみにはいそきなさせ給たりけるとそいつ
みへくたるみちにてたかちかれいならす大事にて
かきりになりたりけれは
  かはらむとおもふいのちはをしからて/b36 e18
  さてもわかれむほとそかなしき
  たのみてはひさしく成ぬすみよしの
  まつこのたひのしるしみせなむ
とかきてすみよしにまいらせたりけるままに
たかちか心ちさはさはとやみにけりそののちめてたき
事に世にいひののしりけり/b37 e18
1)
赤染時用
2) , 6)
藤原道長
3)
大江匡衡
4)
大江挙周
5)
藤原道長室源倫子
text/kohon/kohon005.txt · 最終更新: 2016/01/20 14:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa