Recent changes RSS feed

古本説話集

第4話 匡衡、和歌の事

迬衡和哥事

匡衡、和歌の事

校訂本文

今は昔、式部大輔匡衡1)、学生にて、いみじき物なり。宇治大納言2)のもとにありけり。

才は極めてめでたけれど、見目はいとしもなし。丈高く、指し肩にて、みぐるしかりければ、女房ども、「言ひまさぐりて、笑はむ」とて、和琴(わごん)を指し出だして、「よろづの事、知り給ひたなるを、これ弾き給へ。聞かむ」と、言ひければ、詠みて

  逢坂の関のあなたもまた見ねば東の事も知られざりけり

と、言ひたりければ、女房どもえ笑はで、やはらづつ引き入りにけり。

同じ匡衡、つかさ申しけるに、えならで嘆きけるころ、殿上人、大井に行きて、となせにさし上り歩きて遊ぶままに、人々、歌詠みけるに、匡衡かくなん詠みたりける。

  川舟に乗りて心の行くときは沈める身ともおぼえざりけり

赤染の衛門3)が男なり。

翻刻

いまはむかし式部大輔まさひら学生にていみ
しき物也宇治大納言のもとに有けりさえはき
はめてめてたけれとみめはいとしもなしたけ
たかくさしかたにてみくるしかりけれは女房と
もいひまさくりてわらはむとてわこむをさしいたし
てよろつの事しり給たなるをこれひき給へき
かむといひけれはよみて
  あふさかのせきのあなたもまたみねは/b32 e16
あつまの事もしられさりけり
といひたりけれは女房ともえわらはてやはらつつ
ひきいりにけりおなしまさひらつかさ申しけるに
えならてなけきけるころ殿上人大井にゆき
てとなせにさしのほりありきてあそふまま
に人々うたよみけるにまさひらかくなん
よみたりける
  かはふねにのりてこころの行ときは
  しつめる身ともおほえさりけり
あかそめのゑもむかおとこなり/b33 e16
1)
大江匡衡
2)
源隆国
3)
赤染衛門
text/kohon/kohon004.txt · 最終更新: 2016/01/20 14:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa