Recent changes RSS feed

古本説話集

第3話 或人、所々を歴覧する間、尼の家に入りて和歌を詠む事

或人歴覧所々間入尼家詠和哥事

或人、所々を歴覧する間、尼の家に入りて和歌を詠む事

校訂本文

今は昔、あてなる男の、いみじうすきずきしかりけるが、よろずの所の、心細げにあはれなるを見歩きける中に、小さき家のあやしげなるが、さすかに内などしたたかに造りてゐたる人有りけり。

煙も立たず、さびしげなる事限りなし。「いかなる人ぞ」と、あたりの人に問ひければ、「さる尼の候ふが、もの食ふ事も知らず、心細げにて、この年来候ふなり」といふを聞きて、

  朝夕に煙も立たぬ壺屋には露の命も何にかくらん

と言ふを聞きて、この尼

  玉光る女(むすめ)籠めたる壺屋には露の命も消えぬなりけり

と言ふ。

あやしくて、よく問ひ聞きければ、めでたく光り輝く女を隠し据ゑたるなりけり。尋ね出だして、人目にして、めでたくてあらせけるとや。

翻刻

いまはむかしあてなる男のいみしうすきすき
しかりけるかよろすの所の心ほそけにあはれな
るをみありきけるなかにちゐさき家のあや
しけなるかさすかにうちなとしたたかにつくりて
ゐたる人有けりけふりもたたすさひしけな
る事かきりなしいかなる人そとあたりの人に/b30 e15
とひけれはさるあまのさふらふかものくふ事も
しらす心ほそけにてこのとしころさふらふ
也といふをききて
  あさゆふにけふりもたたぬつほやには
  露のいのちもなににかくらん
といふをききてこのあま
  たまひかるむすめこめたるつほやには
  つゆのいのちもきえぬなりけり
といふあやしくてよくとひききけれはめてた
くひかりかかやくむすめをかくしすゑたるなり/b31 e15
けりたつねいたしてひとめにしてめてたくて
あらせけるとや/b32 e16
text/kohon/kohon003.txt · 最終更新: 2014/09/15 21:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa