Recent changes RSS feed

唐物語

第19話 朱買臣会稽といふ所に住みけり・・・

校訂本文

昔、朱買臣、会稽といふ所に住みけり。世に貧しくわりなくて、せんかたなかりけれど、文(ふみ)を読み、物を習ふこと怠らず、そのひまには薪をこりて、世を渡るはかりごとをしけり。

かくて年月を経るに、あひ具したりける女、限りなく貧しき住居を堪へ難くや思ひけん、「我も人もあらぬさまになりて、世を試みん」など、細やかにうち語らひければ、「かくてしもやあり果つべき。今年ばかり心強くあひ念ぜよ」と1)、よろづこしらへけれど、つひに聞かで、その年のうちに離れにけり。

夫、恋ひ悲しめどもいふかひなくて、次の年にもなりぬるに、この人の才覚、世に優れたることを御門聞かせ給ひて、その国の守になされぬ。初めて国に下りける有様、心言葉も及ばずめでたかりけり。かかれども、なほありし妻のことを心にかけて、一国(ひとくに)のうちを尋ね求めさすれど、似たる人なくて明かし暮らす。

園(その)に出でて狩りし遊びけるとき、こともなのめならず、あやしく侘しげなる賤の女が、筐(かたみ)といふ物を肘にかけて、菜を摘みて2)ゐざり歩くを、「ゆゆしげなる者の姿かな」と見るほどに、我が昔のともに見なしてけり。

なほ、「僻目(ひがめ)にや」と目をとめて見けるに、いかにも違ふ所なかりければ、人知れず悲しく思えて、暮るるや遅きと呼び取りてけり。女、「我過つこともなきに、いかなることに当りなんずるにか」と、恐れ惑ひけれど、ありし昔のことなどを細やかに語らひければ、女、あさましく思えて、この夫をうち見るより、いかが思ひけん、いたく悩み煩ひて、暁方に絶え入りにけり。

  もろともに錦を着てや帰らまし憂きに堪へたる心なりせば

心短かきは、何事につけても恨みを残さず3)といふことなし。錦を着て故郷4)に帰るといふ。この人のことなり。

翻刻

むかし朱買臣会稽といふ所にすみけり
よにまつしくわりなくてせんかたなかり
けれとふみをよみ物をならふことをこたらす
そのひまにはたき木をこりて世をわたる
はかりことをしけりかくてとし月をふるにあひ
くしたりける女かきりなくまつしきす
まゐをたえかたくや思けん我もひともあら/m397
ぬさまになりて世をこころみんなとこまや
かにうちかたらひけれはかくてしもやありは
つへきことしはかり心つよくあひ念せよ萬
こしらへけれとつゐにきかてそのとしのうち
にはなれにけり夫こひかなしめともいふかひ
なくてつきのとしにもなりぬるにこの人の才覚
よにすくれたる事をみかときかせ給てそ
の国の守になされぬはしめてくににくたり
けるありさま心こと葉もおよはすめてたかり
けりかかれともなをありし妻の事を心にか/m398
けてひと国のうちをたつねもとめさすれと
にたる人なくてあかしくらすそのにいててかりし
あそひける時事もなのめならすあやしく
わひしけなるしつのめかかたみといふ物をひ
ちにかけて猶つみてゐさりありくをゆゆし
けなるもののすかたかなとみる程に我むかし
のともに見なしてけりなをひかめにやとめを
とめてみけるにいかにもたかふ所なかりけれは
ひとしれすかなしくおほえてくるるやをそき
とよひとりてけり女我あやまつ事もなき/m399
にいかなる事にあたりなんするにかとおそれ
まとひけれとありしむかしの事なとをこまや
かにかたらひけれは女あさましく覚てこの夫
をうちみるよりいかかおもひけんいたくなやみ
わつらひて暁かたにたえ入にけり
  もろともににしきをきてやかへらまし
  うきにたえたるこころなりせは
心みしかきはなにことにつけてもうらみを
のみ(こ歟)さすといふ事なしにしきをきて古郷に
かへるといふこの人の事也/m400
1)
底本「と」なし
2)
底本「猶つみて」。尊経閣文庫本「なをつみて」。底本に従えば「なほ積みて」となるが、菜摘みに男女の出会いの意味があるため、「菜を摘みて」と解する。
3)
底本「のみさす」で「み」に「こ歟」と傍書。尊経閣文庫本「のこさす」。傍書及び尊経閣文庫本に従う。
4)
底本「古郷」
text/kara/m_kara019.txt · 最終更新: 2014/12/31 21:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa