Recent changes RSS feed

閑居友

下第2話 室の君、顕基に忘られて道心発す事

むろの君顕基1)にわすられて道心おこす事

室の君、顕基に忘られて道心発す事

校訂本文

中ごろのことにや、中納言顕基、室の遊び人を思ひて、いみじくいひかはして侍りけるが、いかなることかありけん、かれがれになりゆきて、もとの室の泊(とまり)へなん、返し送りける。

この女、母なりける者に言ふやう、「これへもまうで来(く)まじく侍りつれども、『その生きておはせんほどはいかでか』と思ひて、つれなく再び故郷(ふるさと)へなん、うち向き侍りぬるなり。これにはありとも、前々(さきざき)のやうなる振舞は、今はし侍るまじきなり。その心をえ給へ」とて、ふつとといでもせず、常には心を澄まして念仏をぞ申しける。親もしばしこそは諫めけれ、後にはとかく言ふことなし。

かかるほどに、日に添へて、家の様いふかひなくなりゆきけり。されども、驚く気色(けしき)もさらになし。

さるほどに、母、病して死ぬ。積り来る七日ごとに、うち驚かす鐘の音も、えかなはぬほどになんありければ、常にはさめざめと泣き居(お)るより他のことなし。まれまれ付きたる者も、忌みにことよせて、いづちやらむ行き散りぬ。

かくて、四十九日もすでに明日になりにけり。その夕方、物あまた積みたる船なん侍りける。この女、あやしの物一人具して、この船に乗りぬ。この船は中納言のもとに下(しも)ざまに使はれける者の、田舎に遣られたりけるが、上りけるなるべし。

さて、この船の主(ぬし)、驚きて、「これは、それがしが候ふ船なり。いかでか乗せ奉らん。さは知ろしめしたりや」と言ひければ、「知りたるなり。などてかは苦しかるべき」とて乗りぬ。

さて、つとめて、まことのもの五十取らせたりけり。この女、「帰る」とて、「親の孝養(けうやう)は今日なんし果てつ」とて、髪を切りて、うち置きて出でぬ。さて、その日の仏事どもして、日ごろありつる者どもに分かち取らせなどして、我が身はやがてその日出家して、静かなる所占めて、いみじく行ひ侍りける。

さて、この船の者、京に上りて、「かうかうのこと侍りし」と、中納言に言ひければ、「さればよ、うるせしと見し者は、なほうるせかりかりけるものかな。あはれ、少なく取らせたりけるものかな。同じく百取らせよな」とて、涙ぐみ聞こえられける。

さやうの遊び人となりぬれば、さるべき前の世のことにて、いかなれども、はしはみてこそ侍るを、「あぢきなし、よしなし」と思ひ定めけむこと、たぐひなく侍るべし。人に忘らるる人は、皆恨みにまた恨みを重ねつつ、罪になほ罪を添ふることにて侍るを、ひたすら思ひ忘れて、うき世を遁るる中だちとなしけんこと、いといみじう思え侍り。妙なりと見し人の、恨みの心に堪えずして、恐しき名を留めたることは、あがりてもあまた聞こゆるに、あまさへ、世を厭ふしるへとせん事は、なほ類(たぐひ)なかるべし。

「中納言は、いみじき往生人にておはしける」と往生伝にも侍るめれば、さるべきことにて、「驚かれぬ袂にも染めかし」とて、秋風も吹き初めけるやらん、とまて思ゆ。

翻刻

中比の事にや中納言顕基むろの遊人を思ひて
いみしくいひかはして侍けるかいかなる事かあり
けんかれかれになりゆきてもとのむろのとまり
ゑなんかへしおくりけるこの女ははなりける
ものにいふやうこれへもまうてくましく侍つれと
もそのいきておはせんほとはいかてかとおもひて/下4オb157
つれなくふたたひふるさとへなんうちむき侍
ぬるなりこれにはありともさきさきのやうなるふ
るまひはいまはし侍ましき也その心おゑ給へ
とてふつとといてもせすつねには心おすまして
念仏をそ申けるおやもしはしこそはいさめ
けれのちにはとかくいふことなしかかるほとに日に
そえていゑのさまいふかひなくなりゆきけりさ
れともおとろくけしきもさらになしさるほとに/下4ウb158
ははやまひしてしぬつもりくる七日ことにう
ちおとろかすかねのおともゑかなはぬほとになん
ありけれはつねにはさめさめとなきおるよりほかの
事なしまれまれつきたるものもいみにことよせ
ていつちやらむゆきちりぬかくて四十九日もすてに
あすになりにけりそのゆふかたものあまたつ
みたるふねなん侍けるこの女あやしの物ひと
りくしてこのふねにのりぬこのふねは中納言の/下5オb159
もとにしもさまにつかはれけるもののゐ中に
やられたりけるかのほりけるなるへしさてこの
ふねのぬしおとろきてこれはそれかしか候
ふね也いかてかのせたてまつらんさはしろしめ
したりやといひけれはしりたる也なとてかは
くるしかるへきとてのりぬさてつとめてまこ
とのもの五十とらせたりけりこの女かへるとて
おやのけうやうはけふなんしはてつとてかみ/下5ウb160
おきりてうちおきていてぬさてその日の仏
事ともして日ころありつるものともにわかち
とらせなとして我身はやかてその日出家して
しつかなる所しめていみしくおこなひ
侍けるさてこのふねのもの京にのほりてかうかう
の事侍しと中納言にいひけれはされはようるせ
しとみしものはなをうるせかりけるものかな
あはれすくなくとらせたりけるものかなおなしく/下6オb161
百とらせよなとてなみたくみきこゑられける
さやうのあそひ人となりぬれはさるへきさきの
よのことにていかなれともはしはみてこそ侍を
あちきなしよしなしとおもひさためけ
む事たくひなく侍へし人にわすらるる人は
みなうらみにまたうらみをかさねつつつみに猶
つみおそふる事にて侍おひたすら思ひわすれて
うきよをのかるる中たちとなしけんこといといみしう/下6ウb162
おほえ侍たえなりとみし人のうらみの心にた
えすしておそろしき名おととめたる事は
あかりてもあまたきこゆるにあまさへよを
いとふしるへとせん事は猶たくひなかるへし
中納言はいみしき往生人にておはしけると往
生てんにも侍めれはさるへき事にておとろかれ
ぬたもとにもしめかしとて秋風もふきそめ
けるやらんとまておほゆ/下7オb163
1)
底本「顕基」の右に「ケンキ」左に「アキモト」と傍注
text/kankyo/s_kankyo023.txt · 最終更新: 2015/07/19 18:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa