Recent changes RSS feed

閑居友

上第5話 清海上人の発心の事

清海上人の発心の事

清海上人の発心の事

校訂本文

昔、奈良の京、超証寺に清海といふ人おはしけり。もとは興福寺の僧にて学問をぞむねとたしなみける。

かかるに、この国のならひ、今も昔もうたてさは、東大寺・興福寺二寺(ふたてら)の僧ども、中悪しきことありて、東大寺へ軍(いくさ)をととのへて寄せけり。この清海の君も、弓・胡録(やなぐひ)身に添へて行きけり。

さるほどに、道にて時をつくりて軍喚(いくさおめ)きしけるに、身の毛立ちて、「こは何としつる身の有様ぞ。恩愛の家を出でて、仏の道に入る身は、人の苦しみを助け、仏の御法(みのり)の廃れんを悲しみ嘆くべきに、今、形(かたち)は僧の形にて、たちまちに堂・塔・僧房を焼き、仏像・経巻を損ひ、僧を殺さむとて行くこと、こは何のわざらなん」と悲しくあぢきなし。「今、見付けられて、いかになるとても、いかがせん。しかじ、早くここより行き別れなん」と思ひて、やをら這ひ隠れにけり。

さて、真如親王の跡、超証寺といふ所に籠り居て、ひそかに法花の四種三昧をぞ行ひける。観念、功積りて、香の煙の化仏の現はれ給ひけるを、「末の代の人に縁結ばせん」とて、一つ取りとどめ給ひたりけり。三寸ばかりの仏にてぞおはしましける。すべてこの人、観念成就して、居給ひたりけるめぐり一里を浄土になし給ひけるなり。

そもそも、四種三昧と言へるは、一には常坐三昧。いはく、九十日を限りて、結跏正坐して、思ひを法界にかけて、一切の法は仏法也と信じて、寂滅法界に安住すれば、ここに居ながら諸仏を見奉り、仏の説法を聞くなり。

二には常行三昧。いはく、九十日を限りて、身に常に行道し、口に常に阿弥陀仏の名を唱へ、心に常に阿弥陀仏を念じて、休みやむことなし。神を運ばずして諸仏を見奉り、仏の説法を聞くなり。

三には半行半坐三昧。いはく、日夜六時に六根の罪を懺悔して、百千万億阿僧祇劫の罪を滅して、五欲を離れずして六根を浄め、釈迦・多宝・文殊・薬王等の諸々(もろもろ)の大菩薩を見奉る。

四には非行坐三昧。いはく、随自意これなり。諸経に説くところの行ひの、上(かみ)の三に当らざるは、みな随自意三昧なるべし。

大千塵数の仏の国に宝を満てて、貧しき人に布施せんよりは、この三昧を聞きて驚かざらんにはしかじ。「もし随喜せん者は、三世の諸仏菩薩、随喜し給ふ」と侍るめれば、頼もしく尊くぞ侍る。(恵心1)の『要法文』の心をのす2))

四種三昧の中の常行三昧には、「晴れたる星を見るがごとく、化仏を見奉る」など、止観には説きて侍るめれば、「さやうに侍りけるにこそ」と、尊く思ひやられ侍り。

陳の太建十七年、天台大師、終りをとり給ひしに、智朗禅師の、「死に給ひなむ後は、誰をか尊み仰(あふ)ぐべき」と問ひ奉りしには、「四種三昧、これ汝が明道すなり」とぞ、答へ給ひける。この日本(やまと)の国の、播磨の書写の聖3)も、人の来て功徳を問ふときは、四種三昧を答へ給ひけり。まことにいみじき功徳にてこそ。

この清海の君のこと、『拾遺往生伝4)』に載せられて侍るめれど、このことは見えざめれば、記し載せ侍りぬる。

翻刻

むかしならの京超証寺に清海といふ人おはしけり
もとは興福寺の僧にてかくもんおそむねとたし
なみけるかかるにこの国のならひいまもむかしも/上15ウb38
うたてさは東大寺興福寺ふたてらの僧とも中
あしき事ありて東大寺へいくさをととのへてよせ
けりこの清海のきみもゆみやなくひ身にそえて
ゆきけりさるほとに道にて時をつくりていくさお
めきしけるに身のけたちてこはなにとし
つる身のありさまそ恩愛のいゑおいてて仏のみち
にいる身は人のくるしみおたすけほとけのみのり
のすたれんおかなしみなけくへきにいまかたちは/上16オb39
僧のかたちにてたちまちに堂塔僧房をやき仏
像経巻おそこなひ僧お殺さむとてゆく事こは
なにのわさならんとかなしくあちきなしいまみ
つけられていかになるとてもいかかせんしかしはやく
ここよりゆきわかれなんと思てやおらはひかくれに
けりさて真如親王のあと超証寺といふ所にこも
りゐてひそかに法花の四種三昧をそおこなひけ
る観念こうつもりて香の煙の化仏のあらはれ給/上16ウb40
けるをすゑの代の人にえんむすはせんとてひとつ
とりととめたまひたりけり三寸はかりの仏にて
そおはしましけるすへてこの人観念成就して
ゐたまひたりけるめくり一里お浄土になし給け
るなりそもそも四種三昧といへるは一には常坐三昧い
はく九十日をかきりて結跏正坐して思を法界に
かけて一切の法は仏法也と信して寂滅法界に安
住すれはここにゐなから諸仏をみたてまつり仏の/上17オb41
説法をきく也二には常行三昧いはく九十日おかきり
て身につねに行道しくちにつねにあみた仏の名を
となへ心につねにあみた仏を念してやすみやむこ
となし神をはこはすして諸仏をみたてまつり
仏の説法をきく也三には半行半坐三昧いはく日
夜六時に六根のつみを懺悔して百千万億阿僧祇
劫のつみを滅して五欲をはなれすして六根をき
よめ釈迦多宝文殊薬王等のもろもろの大菩薩をみ/上17ウb42
たてまつる四には非行坐三昧いはく随自意これ也
諸経にとくところのおこなひのかみの三にあたら
さるはみな随自意三昧なるへし大千塵数の仏
の国にたからをみててまつしき人に布施せんより
はこの三昧をききておとろかさらんにはしかし
もしすいきせんものは三世の諸仏菩薩すいきし
給と侍めれはたのもしくたうとくそ侍(恵心ノ要法文ノ心をのす)四種
三昧の中の常行三昧にははれたる星をみるかこ/上18オb43
とく化仏をみたてまつるなと止観にはときて侍め
れはさやうに侍けるにこそとたうとく思ひやられ侍
陳の太建十七年天台大師をはりおとりたまひし
に智朗禅師のしにたまひなむのちはたれおか
たうとみあふくへきととひたてまつりしには四種
三昧これ汝か明道す也とそこたへたまひけるこの
やまとの国のはりまの書写のひしりも人のき
て功徳をとふときは四種三昧をこたへ給けりまことに/上18ウb44
いみしき功徳にてこそこの清海の君の事拾遺(シフユイ)
往生伝にのせられて侍めれとこの事は見えさめれは
しるしのせ侍ぬる/上19オb45
1)
源信
2)
底本、カッコ内は割注になっている
3)
性空
4)
底本「拾遺」に「シフユイ」と傍書
text/kankyo/s_kankyo005.txt · 最終更新: 2015/06/04 23:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa