Recent changes RSS feed

閑居友

上第2話 如幻僧都の発心の事

如幻僧都の発心のこと

如幻僧都の発心の事

校訂本文

昔、如幻僧都といふ人おはしけり。もとは奈良の京、東大寺に住みて、華厳宗をぞ習ひ給ひける。

そのころ、善珠大徳、学問の功高くて、眠(ねぶ)りを除き、飢ゑを忍びて見えければ、時の人もいみじきことに言ひ合へりけり。僧都、これを見て、「我、いかに学問すとも、この人に勝るべからず。しかじ、この道をあらためて、一筋(ひとすぢ)に行ひの道におもむきて、この人よりは先立ちて、世の聞こえをも取り、位をも上らむ」と思ひて、熊野に籠りて、身を砕き骨を折りて、一筋に行ひ給ひけり。

かかるほどに、傍らに、我が行ひを五・六重ねたらんほどに行ふ者ありけり。これを見て、「あさまし」と思ひて、「さても、かくして世の中にありては、ついにはいかなるべきぞ」と思ひ続くるに、いとあぢきなく、よしなくて、やがて走り出で給ひにけり。

さて、播磨の国、高和谷(たかをだに)といふ所におはして、他事なく後世の行ひして、常には心を澄まして、華厳経をぞ読み給ひける。

かかるほどに、「弟子にならむ」とて、人あまた出で来集まりて、後には本意(ほい)なきほどに侍りければ、離れたる所にあやしの庵(いほり)構へて、ただ一人居て、食ひ物などもみづから営みて、弟子をば時々ぞ来させける。

ある時、「いま七日ばかりは厳しき行ひをすること侍るべし。ゆめゆめ来たることなかれ」とありければ、そのほど、人行き交ふこともなかりけり。日ごろ過ぎて、庵のほどにいひ知らぬ匂ひの侍りければ、あやしくて見ければ、手を合はせて西に向ひて、命尽き給ひにけるなるべし。その年は六十二、頃は十二月二日にてぞ侍りける。観音(くわんおん)を本尊にし給ひけるとかや。

この人の事、往生伝に侍るめれど、このことは侍らざめれば、記し侍るなるべし。かの伝には、「唯識因明の道を明らかに習へる」と侍るにや。また、僧都になれるよしも見えず。もし僧都と言へるは僻事(ひがごと)にや侍らむ。かの播磨の高和谷に絵に描ける御姿のおはするは、木の下に石を敷物のにて、檜笠と経袋とばかり置き給ひたる姿とぞ聞き侍りし。発心の始めより命終まで、澄みて思え侍り。

翻刻

昔如幻僧都といふ人をはしけりもとはならの京東
大寺にすみて華厳宗おそならひたまひけるその
ころ善珠大徳学問のこうたかくてねふりおのそき
うゑおしのひて見えけれは時の人もいみしきこと
にいひあへりけり僧都これをみて我いかにかくもん
すともこの人にまさるへからすしかしこの道おあら/5ウb18
ためてひとすちにおこなひの道におもむきてこ
の人よりはさきたちて世のきこゑおもとり位お
もあからむとおもひてくまのにこもりて身をく
たきほねををりてひとすちにおこなひたまひ
けりかかるほとにかたはらにわかおこないを五六かさね
たらんほとにおこなふものありけりこれおみてあさ
ましとおもひてさてもかくして世中にありては
ついにはいかなるへきそと思ひつつくるにいとあちきなく/6オb19
よしなくてやかてはしりいてたまひにけりさて
はりまの国たかをたにといふ所におはして他事な
く後世のおこないしてつねには心をすまして華厳
経をそよみたまひけるかかるほとに弟子になら
むとて人あまたいてきあつまりて後にはほいなき
ほとに侍けれははなれたる所にあやしのいほりか
まゑてたたひとりゐてくひものなとも身つからいと
なみて弟子おはときときそこさせけるあるときいま/6ウb20
七日はかりはきひしきおこなひをする事侍へし
ゆめゆめきたる事なかれとありけれはそのほと人ゆき
かふ事もなかりけり日ころすきていほりのほとにい
ひしらぬにほひの侍けれはあやしくてみけれはてお
あはせて西にむかひていのちつきたまひにけるなる
へしそのとしは六十二ころは十二月二日にてそ侍ける
くわんおんを本尊にしたまひけるとかやこの人
の事往生伝に侍めれとこのことは侍らさめれはしる/7オb21
し侍なるへしかの伝には唯識因明の道おあきら
かにならへると侍にやまた僧都になれるよしも
みえすもし僧都といへるはひか事にや侍らむかの
はりまのたかをたににゑにかける御すかたのをは
するはきのしたにいしをしきものにてひかさと
経ふくろとはかりをきたまひたるすかたとそき
き侍し発心のはしめより命終まてすみておほ
へ侍り/7ウb22
text/kankyo/s_kankyo002.txt · 最終更新: 2015/05/30 14:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa