Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第9話 震旦禽堅自夷域迎父孝養語 第九

今昔、震旦の蜀郡の成都に、禽堅と云ふ人有けり。其の人の父をば、信と云ふ。県の吏と有り。

其の妻、禽堅を懐妊して、七月に至る間、夫の信、勅を奉(うけたまはり)て夷域に行く。夷、信を捕へて、奴として、責め仕ふ。信、家に帰る事を得ずして、朝暮に旧里を恋て、泣き悲む事限無し。

既に十一年を経たり。妻は旧里に有て、月既に満て、禽堅を生みつ。其の後、妻、夫の返らざる事を悲むと云へども、遂に他の夫に嫁(とつ)がず。

而る間、禽堅、九歳に成し時に、母に向て、父が在所を問ふ。母、答て云く、「汝が父の信は、汝が生れし年、勅を奉て、夷域に行にき。而るに、夷の為に捕らはれて、死生を知らず。譬ひ、存せりと云ふとも、其の道、遥に遠くして、相見む事有らじ」と。禽堅、此れを聞て、涙を流して、泣き悲むで、「父の在所に尋ね行む」と思て、遥なる境に向て行くに、其の道遠くして、身疲れ、粮尽たりと云へども、七年を経て、遂に父の所に至ぬ。

禽堅、父に尋ね値て、語て云く、「我れは、此れ君が子也。母、我れを懐妊して、未だ生れざりける時、君、此に趣き給ひにけり。我れ、生れて後、東西を知る程に、君を尋て、堪へ難き道を忍て、七年を経て来れる也」と。父、子を見て、手を取て、涙を流して悲む事限無し。亦、其の所の人、此れを見て、涙を流して、悲み哀ぶ。

其の時に、夷の君帳1)、此れを見て、哀びの心を発して、信を放ち返す。加之、粮を与ふ。

然れば、信、喜て、子の禽堅と共に、本の郷里に返る。其の道、五万里也。山険く河深し。虎狼等の獣、隙無く有て、人を害す。然れば2)、往反する人、存する事無しと云へども、禽堅、天地に祈り請て、遂に数年を経て、本の郷里に返ぬ。

此れを聞く人、「奇異也」と思ふ。親属・朋友は喜ぶ事限無し。禽堅、孝の心深きに依て、父を本国に返さしめて、親族・朋友を再び相見る事を得しめたり。亦、母を迎へて、父と相棲ましむる事、本の如き也。

然れば、世挙て禽堅を誉め貴びけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「帳ハ長ノ誤カ」。
2)
底本頭注「然レバ以下ノ二十八字諸本ニ脱ス」
text/k_konjaku/k_konjaku9-9.txt · 最終更新: 2017/01/25 23:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa