Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第8話 欧尚恋父死墓造菴居住語 第八

今昔、震旦の□□欧尚と言ふ人有けり。幼少の時より、孝養の心深して、父母に奉仕する事限無し。

其の父、死して後、欧尚、父の墓所に盧を造て、朝暮に父を恋悲む。

而る間、一の虎、山より出たるを、郷の人、此れを見付て、多の人、或は桙を取り、或は弓箭を持て追て、虎を害せむと為る時に、虎、責められて、遁るべき方無きに依て、命を存せむが為に、欧尚が盧に走り入る。

欧尚、此れを見て、哀て、虎を隠さむが為に、衣を脱て、虎に覆て、虎を隠す。即ち、郷の人、虎を尋て、盧に来て、或は桙を以て突むとし、或は弓を以て射むとして云く、「此の虎、正く此の盧に来りぬ」と。欧尚が云く、「我れ、虎を隠すべからず。虎は此れ悪き獣也。我れも共に殺すべし。何ぞ、強に虎を隠さむや。虎、更に此の盧に見え来ず」と云て、出さず。其の時に、郷の人等、此れを聞て、皆帰り去ぬ。

其の後、日暮に臨て、虎、盧を出でて、山に入ぬ。虎、即ち、此の恩を深く知て、常に欧尚が盧に、死たる鹿を持来る。其の後、欧尚、自然(おのづから)に富貴の身と成る。「此れ他に非ず。偏に孝養の心の深きに依り、亦、生命を害せむと為るを助たるに依て、天の授け給へる富也」と知ぬ。

然れば、父母に孝養する事は、天の哀び給ふ事也。不孝の人をば、天、皆憎み給ふ事也。亦、自然に、人有て、生命を害せむを見合ば、必ず助け救ふべき事也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku9-8.txt · 最終更新: 2017/01/25 22:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa